新旧エクスプライド質感比較。質感上がった?下がった?

スポンサードリンク

’17年モデルでフルモデルチェンジしたシマノ エクスプライドシリーズ。

デザインはほぼキープコンセプトながら、若干の変更が加えられています。

手元に新旧両モデルが有るので、「質感」をテーマに各部のディティールを比較してみます。

エクスプライド質感比較!

ロッドを選ぶとき、調子や適するリグを重視する場合が普通ですよね。

でも、無視できない要素として「デザイン」があります。

私のようなミーハーアングラーの場合、結構重視してしまうポイントだったりします。

やっぱり、カッコいい道具ってテンション上がりますし、「釣り道楽」をますます豊かにしてくれますよね( ^ω^ )

…という訳で、正直意味があるのか微妙ですが、新旧エクスプライドのデザインをつぶさに観察してみたいと思います!

 

ロゴ

 

上が新。書体はそのまま。

縁取りの色がゴールドから落ち着いたシルバーに。

ハイパワーXのロゴ

上が新型。

新型はオモテ面に「ハイパワーX」が無くなってます。

裏に移動してます。(この辺のロゴの位置はモデルごとでも違うのかも)

リールシート

上が新型。最も変化したのがリールシート周り。

「エクスプライド」のロゴマークと、「Carbon カーボン Interfusion インターフュージョン」

の刻印は無くなり、ちょっぴり寂しい感じ。

CI4+素材を用いた新型リールシート。新型はマットなラバーコーティングで、無塗装仕上げになりました。

ラバーだけあって、触ってみると若干の柔らかさを感じ、また吸い付き感もあって握りやすい。

握りやすさは新型の勝ちですね。

それと穴あき加工がされています。

こちらは旧型。形状はほぼ一緒。

見た目の精悍さは旧型の勝ちかも。

フォアグリップ

フォアグリップはだいたい一緒。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です