フェンウィック リンクス LINKS-CT60SULP+J “クリッタースティック”インプレ。野良ネズミ以外もマルチにこなすUL。

スポンサードリンク

フェンウィック リンクス LINKS-CT60SULP+J “クリッタースティック”インプレ

 

フェンウィック リンクス LINKS-CT60SULP+J “クリッタースティック”のインプレです。「野良ネズミ専用ロッド」ということでリリースされているこのロッド。

もちろん野良ネズミをやってもいい感じですが、それ以外のライトリグもいい感じに楽しめる汎用性の高い仕上がりでした。

クリッタースティックVS津久井湖40UP

津久井湖で40UPとバトルしてきました。キロぐらいあるパンパンの魚でとても良く引きました。ロッドの曲がり具合や魚をいなす追従性などは文章よりも動画の方が伝わると思うので掲載しておきます。

ラインセッティングはPE0.6号+フロロカーボン4lbです。流石にこのクラスの魚ですと、ラインセッティングがそこそこ細めでULクラスということもありめちゃくちゃ楽にファイト、という訳にはいかないです。

しかし粘り強く追従して徐々に体力を奪う事が出来ました。かなり気持ちいいフィーリングですね。

ディティール

パープルのカラーリング

 

カラーはパープルが差し色として入っています。好き嫌いが分かれるところですが、あくまでもさりげない配色なのでどんな色のリールを合わせても違和感なくまとまる印象です。

ロゴマーク

 

フェンウィック、そしてLINKSのロゴマーク。かっこええ。

Kガイド

 

PEラインの糸絡みを抑えるための「Kガイド」仕様になっています。

富士工業製ステンレスフレームガイドで、リング素材はアルコナイト。価格を抑えるためのアルコナイトという感じでしょうか。

ルアーキーパー付き。

 

上部にルアーキーパー付き。ラインが絡んだりすることはない位置です。

 

ダウンショットシンカーなんかも掛けれます。

グリップは少し太め

  

グリップは、シマノのロッドなんかと比べると少し太めです。もしかしたら好みが分かれるところかもしれません。

店頭で握ってみることをオススメします。

ライトリグを中心にやってみた

 

「野良ネズミ専用」と銘打っていますが、ライトリグ全般、割とオールマイティなナンバーです。試しに小型のトップウォータープラグなどもやってみました。写真はDSTYLEのレゼルブJr。

公式の説明によるとLINKS-CT60SULP+Jは、野良ネズミをカバーの再奥にしっかりと送り届けるため、キャスト時にティップの戻りがビシッ!と出るセッティングになっているそう。

その通りでして、ULクラスなのにキャスト時にロッドに重さをしっかり載せるとピュン!とかなり良く飛んでくれます。2.3gしか自重がないレゼルブJrも気持ちよく飛ばす事が出来ました。

ティップがトルクフル。

 

さらに、ティップのハリはファイト時にも有利に働いてくれますね。フルに曲がり込んでなくても独特のトルクを発揮してくれるような感覚です。

ファイト時に、船べりで弱ってきた40UPの頭の向きを変えるのも造作無い感じでした。

PEラインの糸絡みは皆無。

 

PEラインセッティングを前提としたガイドセッティング(Kガイド)となっていますので、糸絡みがほぼ起こらないのが秀逸ですね。

ロッドによってはバットガイドにPEラインが絡んでしまうということもあるのですが、その心配はありません。

流行りの細糸PEを使ったスピニングタックルでの釣りをやってみたい!という場合、非常にオススメの一本です。LINKSシリーズはお値段もリーズナブルですのでなおさら、ですね。

当然ながら野良ネズミはすこぶる快適

 

野良ネズミはPE1号でトライ。リーダーをつけているのはお試しで、推奨セッティングは1.5号の直結ですね。(うなぎいぬさんのブログ参照)

※オススメラインはシーガー R18 完全シーバス ステルスグレー 1.5号とのことでした。

当然ながら野良ネズミはすこぶる快適に操作する事が出来ます。

また、カバー絡みでバイトした時にパワーが不足するかも?と思っていたのですが今の所問題ないですね。ULクラスと決して強くない番手ではありますが絶妙な味付けでして、しっかりとカバーから引き剥がすパワー感を持たせているな、と感じました。

弱点は…?

ULクラスとしては割とシャキッとしたティップを搭載しているので、ロッドティップを震わせてその振動をルアーに伝えるような細かいシェイクは苦手です。

ミドストなどをちゃんとやり込みたい場合は、もっとティップが震えてくれる番手を選んだ方が良いと思います。

とはいえ、これは野良ネズミをしっかりと飛ばすためのシャキッと感なので、このロッドに求める要求は満たしています。

まとめ

以上、LINKS-CT60SULP+J“クリッタースティック”についてでした。

(現状、Amazonや楽天に在庫がないのですがキャスティングの店頭で購入しました。)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です