房総リザーバーでのライトフロッグロッド選び方。

スポンサードリンク

房総リザーバーでライトフロッギングをやるべく、ロッドを購入しました!

毎年この時期になると、フロッグロッド欲しい病を発症するんですよね。

ついに買ってみたので、選び方をシェアします。

フロッグロッドは2種類ある

 

フロッグロッドを選ぶにあたって、さまざまな文献を参照してみました。

おおむねどの文献も共通した内容は、大別すると、フロッグロッドには2種類あるという事です。

カバーフロッギング

1つ目は、カバーフロッギングと呼ばれる王道のスタイル。

15g前後のフルサイズフロッグを、7ft前後のこん棒のようなヘビーロッドと、6号以上のPEラインに合わせます。

ヒシモなどで形成される分厚いマットカバーから、カバーごと引きずり出すパワーが必要なためです。

ライトフロッギング

2つ目は、ライトフロッギングと呼ばれる、オープンウォーター~ライトカバー向けのスタイル。

一回り小さなコンパクトフロッグを主体とし、MH(ミディアムヘビークラス)の6ft3in~6ft10in前後のロッドで、ラインは5号程度。

リザーバーなどで、軽めのウッドカバーや、オーバーハングの下などをテクニカルに攻略します。

ガチムチのこん棒が絶対正しい、という時代は終わった

数年前まで、フロッグにはガチムチのこん棒が絶対必要、と語られてきました。

本当にヘビーパワーが必要か?と、なかなか疑問視されることが少なかったようです。

 

しかし、上述したように、やや柔軟なロッドが扱いやすい事もある、という事実が分かってきました。

往年のパワースタイルからややライトなスタイルへ、フロッグの細分化が進みました。

 

という訳で、フロッグを楽しむ敷居が下がりつつあるのではないでしょうか。

イヨケンとキムケンとウッチー

フロッグやろうかな、と思ってググると、イヨケンとキムケンと、ウッチーの記事を目にします。

イヨケン

イヨケンはバンタム172H-FRというごつめなロッドと、バンタムフロッグ(17g)でゴリゴリのパワー系。

キムケン

キムケンもdepsブッシュバイパーで琵琶湖のヒシモのマットカバーから引きずり出す、マッチョなスタイル。

両者ともに、王道のカバーフロッギング

ウッチー

一方でウッチーは、ロッドはダイワのエアエッジのMHで比較的ライトで、PEラインも5号ほどを推奨し、オープンウォーター~ライトカバーを想定したライトフロッギング。

 

自分がやろうとしているスタイルにマッチするアングラーの真似をすると良いでしょう。

房総リザーバーでのライトフロッギング用ロッド選び

…という訳で、前置きが長くなりましたが、個人的に購入したフロッグロッド、ノースフォークコンポジットのNFX C66MHを選んだ経緯を、謎の対話形式でお届けします。

どこでフロッグをやるのか

フロッグマン
ちなみにどこでフロッグやるの?

ikahime
房総リザーバーでのライトフロッギングです!

まず前提として、どこでフロッグをやるのか、という事を明確にします。

おススメのフロッグロッド

フロッグマン
DeeepSTREAMのフロッグロッドの記事読んだ?

ikahime
読みました!ゼナックのブラッカート”B67 Frog“かっこいいです。

フロッグマン
でもお高いので、ライトなフロッグはワイルドサイド”WSC65MH”、カバー向けはエクスプライド169H(シマノ)を勧めていました。

ikahime
ワイルドサイドもエクスプライドも間違いのないところです。でも、へそ曲がりなので、ちょっと違うやつにしたい!

長さを決める

シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド 169H

シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド 169H

18,620円(05/24 19:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

フロッグマン
ブロガー界隈の人たちは、みんなエクスプライドの169H買ってめちゃくちゃいい!ごめん!って言ってたよ。

ikahime
なるほど。みなエクスプライド推しですね。でも、私のスタイルだと強すぎるし、エクスプライド169Hは、チビ(身長166センチ)には長い。ロッドを下向きにしてアクションつけるので、水面を叩いちゃう。

フロッグマン
それならダイワから、エアエッジ661MHBとかエアエッジ631MHBの安くて、短めなの出てるよ。ウッチーが使ってるやつ。

ikahime
シマノ派なんですよね。リールもダイワに統一しないとカッコ悪いし…

続いては、身長や、スタイルに合ったロッドの長さを考慮します。私の場合は、6.3ft~6.6ftぐらいがちょうどよさそう。

7ftクラスはムキムキマン用

ikahime
ちなみに、7ftクラスのロッドはやっぱりオーバーパワー?depsのブッシュバイパーかっこいい。

フロッグマン
小規模フィールドで7ftのロッドワークの釣りしてる人ってどんなムキムキなんだろ…トゥイッチ、ジャークの釣りは6フィート前後じゃないと、腕が疲れちゃって集中力途切れます。汗

フロッグマン
房総でボートでやるなら、長いの必要ですか?分厚いマットカバーがある場合には、7ftクラスのゴツイ竿が必要ですが。

7ftのブッシュバイパーは候補から外れますね…憧れと、自分のスタイルは違いました。

ノースフォークコンポジット NFX-C66MHか、ミブロ ノマド C-68MH

フロッグマン
という訳でおおよその長さ、強さが決まってきたね。条件に合致するロッドをいろいろ物色したら、ノースフォークのNFX-C66MHか、ミブロ ノマド C-68MHが良さそう。

フロッグマン
どちらもお高いイメージですが、NFXはノースフォークのエントリーモデルで3万円台と、そこまで高くありません。

ikahime
フロッグ専用じゃないので私の用途に合うか正直分かりませんが…結局、悩みに悩んだ末、ノースフォークのNFX-C66MHにしました!

ikahime
先日導入した、ノースフォークのACR-73MHがすごく良かったことも決めての一つです。

もしフロッグと合わなくても、普通にMHのベイトロッドとして使えるので、イイでしょう!

NFX-C66MHのフロッグへの適合性

 

さっそく、NFX-C66MHでフロッグを投げ込んできました。ナカナカ良さげな感触でしたよ。

中弾性素材で、MHだけど竿全体がしなり、10g前後のライトフロッグのキャストもイケます

 

ロッドにとても負担のかかる太糸PEだけど、ビクともせず頼もしい。

 

あと、やっぱり軽いロッドにして良かった。フロッグをトゥイッチし続けると、想像以上に手が疲れる。

ここめっちゃ大事です。

 

(まだ、フロッグでは掛けてないので、正直フッキング率とかは語れません。そのうち追記します)

メーカー推奨はUTR68H

ただし、ノースフォークコンポジットのブログを拝見すると、UTR68Hのほうがライトフロッギングには向いているということでした。マジか(笑)

それと、ノースフォークコンポジットは流通量が少ないことがつらい。

という訳であくまで、長さや強さの選び方などがなんらかの参考になれば幸いです。

まとめ

以上、房総リザーバーにおけるライトフロッグロッドの選び方でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ミブロ NOMAD C-68MH

ミブロ NOMAD C-68MH

Amazonの情報を掲載しています
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です