初めてのベイトロッドは’ロクテンミディアム’と’バーサタイル’が基準なのか。

スポンサードリンク

バス釣り初心者にとって、最初の関門である「ベイトロッド選び」。

私が初めてのベイトロッドを購入したとき、’ロクテンミディアム’と’バーサタイル’を基準にして選びましたが、正しかったのでしょうか。

再考してみるとともに、おすすめの「初めてのベイトロッド」をご紹介します。

種類が多いバスロッド

 

市場には、同じ魚を釣る道具とは思えないほど、本当に沢山の種類のロッドが存在します。

また、各メーカーごとに表記がバラバラな番手などが複雑で分かりにくく、バス釣り入門時の最初の関門ではないでしょうか。

 

私が初めてバスロッドを購入するときには、バス釣りに詳しい友人が選び方を教えてくれました。

きっとその友人の教えが無ければ、私も路頭に迷っていた事でしょうw

 

いま思い返すと、とても適切で分かりやすく私のロッド選びのサポートをしてくれたのだな、と思います。

今でも私の中で基準となっているので、ご紹介したいと思います。

’ロクテンミディアム’と’バーサタイル’が合言葉

 

 ベイトタックルの最初の一本目は、’ロクテンミディアム’と’バーサタイル’をキーワードに探すとよいでしょう。

 

’ロクテンミディアム’は、ロッドの長さと硬さを表しています。

 

長さが6ft10in(6フィート10インチ)なので、’ロクテン’。

6フィート10インチは2メートル8センチぐらいです。

 

硬さが’M’で、’ミディアム’の竿を表します。

 

’バーサタイル’という言葉はバスフィッシング独特の言い回しですが、言い換えると’オールマイティ’という意味合いです。

一本でなんでもこなせる、汎用性の高いロッドのことを言います。

 

何かに特化した竿の方が、その’何か’をやるに適しているのは間違いありませんが、最初のうちに何本もタックルをそろえるのは現実的ではありません。

最初の一本目なので、特化した竿ではなく、ある程度幅を持たせたロッドを購入するべきです。

1/4oz(約7g)から1/2oz(約14g)ぐらいの重さのルアー、巻物から打ちものまでこなせる’バーサタイル’ロッドを選ぶとよいでしょう。

長さ

長さは、6ft6in~6ft10inぐらい。

ボート釣行では6ft6inぐらい。オーバーハングの下に入ったときなど、取り回しが良いので扱いやすいです。

陸っぱりでは、キャスト飛距離を考えて、6ft10inがオススメの長さになります。

硬さ

ロッドの硬さは’M’(ミディアム)~’MH’(ミディアムヘビー)になります。

おそらく、最初のうちにベイトタックルでやりたい!と思うであろう、おおよその事が一本で可能です。

6ft10inぐらいであれば、ボート釣行のときにもめっちゃ邪魔!という感じはしません。

ボート釣行では私の感覚では、7ftを超えてくると少し邪魔に感じます。

つまり6ft10inのレングスは、陸ッパリでもボートでも汎用性の高い、バーサタイルロッドにふさわしいlengthといえるでしょう。

それをふまえた上でのオススメのロッドをご紹介します。

・SHIMANO エクスプライド1610M

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です