CI4+素材は剛性が無い。はウソ!?樹脂製リールのススメ。

スポンサードリンク

SHIMANOの樹脂素材である、CI4+。

良く言われるのが「剛性」の不足。「剛性」が無い事は悪い事なのか。

リール素材の「剛性」と「しなやかさ」について考えます。

シマノリール素材CI4+

 

まずは「CI4+」について軽く解説してみます。

SHIMANOの炭素繊維樹脂素材です。「しーあいふぉーぷらす」と読みます。

樹脂に炭素繊維(カーボン)を混ぜて、軽量で頑丈な樹脂素材に仕上げました。という素材です。

シマノリール素材まとめ

メインギアなどの素材の話も混ぜると話がややこしくなるので、ここではシマノ製リールの’ボディ材質’に限ってお話を進めていきたいと思います。

シマノ製のリールの素材は、以下の4種類から構成されています。

樹脂系

・高強度樹脂

・CI4+

メタル系

・アルミニウム

・マグネシウム

正直、素材自体の事はあまり分かりません。詳細な説明は怪我するので避けますw

あくまでCI4+の「使い心地」に的を絞ってお話を進めていきます。

それぞれの特徴

軽い樹脂系

 

樹脂ボディのリールは、軽量に作れます。そして比較的安価です。

剛性の高いメタル系

 

金属ボディのリールは、剛性は高いですが、樹脂素材よりは重くなります。

私のCI4+リール

私が愛用しているCI4+素材のリールは、

ベイトリール:’14クロナークCI4+151

ベイトリール

 

スピニングリール:’16ストラディックCI4+2500HGS

 

の二機種になります。

そんな愛すべきCI4+素材のリール達を使い込んでみて、

•やはり剛性が劣っているのか

•剛性が無い事は悪い事なのか

 

その辺りをお話してみます。

…ここからは思いっきり主観です。

本当に樹脂リールは剛性が無いのか。

 

まずは本当にCI4+のリールは剛性が無いのか。という点。

確かに直接比較すると、メタル系リールに比べて剛性感は劣る樹脂系リール。

差がないとは言えないと思います。

金属ボディであるコンクエストやメタニウムの剛性感は非常に高いレベルでまとまっていて、気持ちいいカッチリ感を発揮してくれます。

そこまで大きくない差

 

しかしながら、CI4+製のリールがグニャグニャかというと決してそんな事はありません。

少なくとも私のような一般アングラーがごく普通に使用する限り、「剛性が足りない」という不満はありません。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー