ダッシュボードチューン。バス釣り気になるキーワード。やってみた。

スポンサードリンク

ダッシュボードチューンなる妙技をご存知でしょうか。

その名の通り、車のダッシュボードにワームを放置してテロテロにするチューニングです。

実際に試してみました。

ダッシュボードチューン

SNSなどで話題の「ダッシュボードチューン」。

車のダッシュボードにワームをパッケージごと放置プレイし、高温にさらすことによってワームをテロテロにチューニングする、という妙技です。

当然の如く強度は落ちるので、なんでもかんでもダッシュボードチューンすれば良いってモンでも無さそうですが、テロッテロになったワームはやけにデカバスに効くという噂。

さらにダッシュボードチューンの良いところは、パウダーやリキッドを購入する必要が無く、「ゼロ円チューン」という事。

非常に手軽にできるチューニングなので、実際にやってみる事にしました。

煮るチューン

昔からよくあるワームのチューン方法として、「ワームを煮る」というチューン方法がありますね。

シャッドテールの癖を直したり、ワームを柔らかくしたい場合などに効く、という感じでしょうか。

しかしこれだとワームの塩分や、ニオイ成分が抜けてしまったりと、諸刃の剣チューンでもありますw

理にかなっている

その点、ダッシュボードチューンは非常に理にかなっているというか、パッケージのままワームを放置プレイするだけなので、ワームの成分的な部分はしっかりと残したまま、柔らかさだけを得る事が出来ます。

また、その手軽さも美点で、ちょっとやってみようという感じになりますよね。

煮るチューンは地味に面倒ですw

という訳で、「ダッシュボードチューン」をやってみます。

ラインナップ

今回のダッシュボードチューンの生贄のラインナップはこちらのワームたち。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です