測ってみて分かったリールの「最大ドラグ力」の正体。

スポンサードリンク

リールの最大ドラグ力とは

リールの最大ドラグ力とは、ドラグが滑らずに耐えられる最大の力、ということですよね。

しかし、本当にカタログ値通りのドラグ力が出るのか?については、今まで計測したことがありませんでした。

事務所に「クレーンスケール」が転がっておりましたので、測ってみることにしましたよ。

実際に測ってみた

 

計測方法は、極めてシンプルです。

リールとクレーンスケールを直結し、ドラグを可能な限り締め込んでから引っ張るというもの。

ラインは切れないように、最大ドラグ力よりも強いラインを使います。ラインの量は、スプールエッジを2mmぐらい残して巻きつけてあります。

SLX DCの最大ドラグ力

 

とりあえず手元にあったSLX DC(71XG LEFT)の最大ドラグ力を測ってみましょう。最大ドラグ力は、カタログ値で5.0kg

つい先月購入したばかりのリールなので、経年劣化による性能ダウンはほとんど無いはずです。

 

ラインは、とりあえず巻いてあった14ポンド(lb)ラインをそのまま使ってみました。14lbラインが耐えられる強度は約6.4kgですので、理論上は大丈夫なはず。

(ですが、本来であればもうちょっと太めのラインが良いです。何回かテストすると激しい伸縮によって劣化したのか、プチンと切れてしまいました)

カタログ値より少し少なめ

 
1回目 2回目 3回目
3.8kg 3.6kg 4kg

(とりあえず3回ほどやってみた)

実測してみると、どれだけガチガチにスタードラグを締めてみても4kgほどでドラグがズルズルと滑り出しました。

結果、カタログ値よりも20%ほど少ない数値となりました。何度か実験してみましたが、4kgを上回ることはありません。

ラインを減らして計測

 

 
1回目 2回目 3回目
4.2kg 4.7kg 4.1kg

お次は、ラインを半分ほど減らして計測してみました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です