シマノの2020年 新製品を予想してみた。[ロッド][リール]

スポンサードリンク

 シマノの2020年にリリースされるNEWモデル(ロッドとリール)の予想をしてみました。

とは言っても、モデルライフ的に予想してみただけなのですが、色々妄想して、ワクワクして楽しみましょうd(^_^o)

ベイトリール

20 メタニウムMGL

出現率99%

何と言っても、最注目なのは’20メタニウムMGLでしょう。これはほぼ確実に出ると思っています。

’13メタニウム、’16メタニウムという流れを辿っていまして、年次的に、そろそろ次期型が発表されるはず。

 

’13メタ→’16メタはボディはそのままのビッグマイナーチェンジでしたので、今回はボディを刷新した完全NEWモデルとなる事を期待しています。

また、’19アンタレスに搭載された、MGLⅲスプールを搭載してくるでしょう。

 

とはいえ、その場合’19アンタレスとの住み分けが非常に難しいことになりますが…

同じマグネシウムボディ、MGLⅢスプール搭載、とキャラが被ってしまうからです。

(メインギア素材がメタニウムは超々ジュラルミン、アンタレスは真鍮という差はあります。)

’20メタニウム DC

出現率70%

忘れちゃいけないのが、’15メタニウムDCの存在です。

’13メタニウムベースということで、非常に設計年次が古い存在になってきました。

 

ただし、微妙なのが、’20メタニウムMGLが出るとして、それをベースとしたDCモデルがすぐに出るかどうか、というのは微妙な感じもあります。

これまでのメタニウムのモデルサイクルは、

・07メタマグ、08メタマグDC

・13メタニウム,15メタニウムDC

・16メタニウムMGL, 空白←今ココ。

という状態なので、なんとも言えない感じ。

 

かと言って、今更16メタニウムMGLベースの「20メタニウムDC」が出るとも思えないし..

というわけで、’20メタニウムMGLと’20メタニウムDCの同時リリースを期待しましょう♬

’20 カルカッタコンクエスト100

出現確率 80%

現行の’14カルカッタコンクエスト100は、ブレーキユニットが1世代前のSVSInfinityを搭載し、スプールもMGLスプールではなく、S3Dスプールです。

正直言って、軽量ルアーのキャストは苦手ですし、キャストフィールもまずまずといった具合。

 

ライバル機種である、ダイワのリョウガが2018年に圧倒的な進化を遂げた新型がリリースされていますので、商品力強化が必要なタイミングが来ています。

そこで、ボディは現行の’14ボディを採用しつつ、スプールとブレーキユニットを最新化した’20カルコン100がリリースされるのでは?

’20 アルデバランBFS

出現確率:90%

アルデバランBFSもモデルライフ的に、新型が期待出来ます。

ベイトフィネス機については、ダイワやアブガルシアに強力なライバルが多数存在しているので、そろそろベイトフィネス機に進化が求められているタイミング。

搭載しているマグネットブレーキユニット、FTB(フィネスチューンブレーキ)の新型、「FTBⅱ」(仮称)のリリースがされるのではないでしょうか。

’20 カルカッタコンクエストDC100/300/400

出現確率 90%

2019年にリリースされたカルカッタコンクエストDC200。

これに、待望の100番、300番、400番の番手が追加されるはず。

’20 SLX DC

出現確率:90%

多分、私の予想では’19 SLX MGLは飛ぶように売れているはずなので、ラインナップの横展開をしてくるでしょう。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です