【バス釣りTIPS】ノット結束後に余ったラインを切る長さ。どれぐらい残すのがいいのか。

スポンサードリンク

ラインをルアーに結んだあとに余ったラインを切るのですが、どれぐらいの長さを残していますか?

余ったラインの処理について考察します。

切れ端、どれぐらい残す?

 

ルアーにラインを結んだ後、余ったラインを切ると思うのですが、極端に短くする方と、少し長く残す方がいらっしゃると思います。

どっち派ですか?

バスは見てる?

私は、上写真ぐらいの短すぎず、長すぎず2~3㎜ぐらい残すようにしています。

 

長すぎると、バスが見ているような気がします。

逆に短すぎると、抜けてしまうのでは?という心配があります。

 

基本的に、ハードベイトではノットの作りやすさからFGノットを多用しているのですが、FGノットは引っ張られるほど結束強度が高まる、という特徴があります。

つまりほんの僅かではありますが、結束後にもノットが動く可能性があります。

それを考慮して、あまりに短く切り過ぎないようにしています。

(抜けるほど動きはしない、とも思いますが念のためw)

 

ノットの出来は釣果に影響するのか

個人的に「バスに近い要素ほど釣果に影響する」という格言を信じていて、フック、ルアー、ライン、タックルの順で釣果に与える影響が大きいと考えています。

 

その格言の中には、「ノット」という要素は入っていませんが、もし入れるとすればルアーとラインの間に「ノット」が入る事になります。

すると3番目に「バスに近い要素」であるのです。

 

とはいえ、ごく小さな「ノットの美しさ」が釣果に与える影響なんて微々たるモノだとも思います。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です