ランディングネット派VSハンドランディング派。ネット推進本部長が語る。

スポンサードリンク

バスを取り込むときに、ランディングネットを使いますか?

私は、ネット推進派なんですが、その理由をシェアします。

 

新年度スタートですね。私は特に代わり映えもなく、淡々と通常業務をこなしております。

当然、特に新鮮なネタも無く…w

 

ランディングの際にネットを使うか。

そこで「ランディングの際にネットを使うか。」というオーセンティックなネタを取り上げてみたいと思います。

これまた永遠のテーマですが…

ランディングネット推進派

 

私はボートでもおかっぱりでも、断然ネット派なんですが、その理由を語りたいと思います。

 

本当は、「ハンドランディングこそ漢‼ランディングネットなんか邪道。」という主張をしたほうが、読み応えがある気がするのですが..w

正直に「ネット使う派」として活動しますw

危険が少ない

 

一番はやはり、トレブルフック使用時における危険性が下がるという事です。

ハンドランディングでガッツリ指に刺さったという事案を聞いた事があるかと思います。

 

バス持ちしているときに、バスが不意に暴れる事って結構あると思うのです。

バスの自重+ランディングで使う握力が合わさると結構暴力的に刺さるかと。

魚のダメージが少ない

市場に存在する多くのラバー製のランディングネットは非常によく出来ていて、バスの体表面のヌメヌメを極力取り去らずに扱う事が出来ると思います。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です