ブラックバスの雌雄の見分け方。「お尻の下の赤い膨らみ」は突出した産卵管。

スポンサードリンク

釣れたブラックバスのお尻の下に赤い膨らみがありました。

これは産卵管という事で、雌雄の見分け方になるそうです。

実際に、産卵管が突出したバスが釣れたので写真を共有します。

ブラックバスのお尻の下に赤い膨らみ

 

先日の長野釣行(8/12)の際に釣れたバスのお尻の下に、赤い膨らみがありました。

これは血の塊でも、ケガでもなく、「産卵管」だそうです。

ミッドスポーン(産卵中)の雌バス

お腹がパンパンに張っていますが、これは卵が入っていると予想出来ます。

産卵中の雌バス、つまりミッドスポーンと呼ばれる状態でしょう。

 

横から見ても、赤いポッチが見えるのが分かります。

 

ちなみに、ミッドスポーンの個体を狙って釣れた訳ではなく、全くの偶然ですが(笑)

産卵管の無いバス

 

産卵管の目立たないバスです。(2019.04.09相模湖)

普通に肛門だけありますが、産卵管は無く、明らかに違いますよね。

とはいえ、時期的に産卵管が突出する前の、プリメスっぽい気もします。お腹ぱんぱんですしね。

つかじー先生の記事

つかじー先生の「産卵管が突出したバスは雌である」という記事を参考にさせていただきました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です