ブラックバスの雌雄の見分け方。「お尻の下の赤い膨らみ」は突出した産卵管。

スポンサードリンク

釣れたブラックバスのお尻の下に赤い膨らみがありました。

これは産卵管という事で、雌雄の見分け方になるそうです。

実際に、産卵管が突出したバスが釣れたので写真を共有します。

ブラックバスのお尻の下に赤い膨らみ

 

先日の長野釣行(8/12)の際に釣れたバスのお尻の下に、赤い膨らみがありました。

これは血の塊でも、ケガでもなく、「産卵管」だそうです。

ミッドスポーン(産卵中)の雌バス

お腹がパンパンに張っていますが、これは卵が入っていると予想出来ます。

産卵中の雌バス、つまりミッドスポーンと呼ばれる状態でしょう。

 

横から見ても、赤いポッチが見えるのが分かります。

 

ちなみに、ミッドスポーンの個体を狙って釣れた訳ではなく、全くの偶然ですが(笑)

産卵管の無いバス

 

産卵管の目立たないバスです。(2019.04.09相模湖)

普通に肛門だけありますが、産卵管は無く、明らかに違いますよね。

とはいえ、時期的に産卵管が突出する前の、プリメスっぽい気もします。お腹ぱんぱんですしね。

つかじー先生の記事

つかじー先生の「産卵管が突出したバスは雌である」という記事を参考にさせていただきました。

というかもろパクリでスイマセン(^^;

なるほど。確かに、産卵管があるのはメスバスだけです。

ブラックバスの雌雄の見分け方は難しい

産卵期には、こうしてオスメスを判定することが可能です。しかしそれ以外の時期にオスメスを判定するのは非常に困難です。

 

早春に、スポーニングのデカい雌バスを狙う、という釣り方が定番の考え方として普及しています。

こうして見分けられると、狙って雌バスが釣れたかどうか分かりますし、スポーニング中のバスについてより理解が深まるかもしれません。

ただしつかじー先生の記事にもあるように、産卵前だとさほど目立たないそうなので、特にプリの雌、は見分け方が難しいのかもしれません。

ハイランドレイクでは8月に産卵しているバスもいる

今回、8月にこういった産卵中のバスが釣れました。標高1250mのハイランドレイクでは、そういう事もあるんですね。

平地のフィールドとは季節感が大幅にずれており、興味深いところです。

 

例年訪れており、季節感としては7月ごろからベッドを守るオスバスを見ることが出来ました。

なので、今回釣れたミッドスポーンの個体はかなり遅めの産卵という事が言えます。ざっとシャローフラットを観察したところ、ベッドは無かったのですが…

 

個体差によって1か月ぐらい産卵の時期がずれるというのも興味深い事実です。

まとめ

以上、ブラックバスの「お尻の下の赤い膨らみ」についてでした。

春先などにお腹がパンパンに張ったバスが釣れたら、お尻の周辺を観察してみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です