ドカットか、バケットマウスか。レンタルボート用収納BOX徹底比較。

スポンサードリンク

ドカットからバケットマウスにしました。

MEIHO バケットマウス BM-7000SP
 

レンタルボート用のルアー収納BOXを、ドカットのD-4700から、ライバルであるMEIHOのバケットマウスBM-7000に変更しました。

そこで、両者の使い勝手を比較します。

リングスター ドカット D-4700

リングスター ドカットD-4700
 
リングスター(RING STAR) ドカット D-4700 レッド/ブラック

リングスター(RING STAR) ドカット D-4700 レッド/ブラック

2,189円(07/12 20:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

レンタルボート用の収納BOX兼イスとして、長年連れ添ったリングスター ドカットD-4700

たくさんモノが入って、タフで、安価。実用的なルアー収納BOXとして何一つ文句のない素晴らしい仕上がりです。

以下スペックです。

  • 本体サイズ:幅465×奥行333×高さ322mm
  • 本体重量:2.56kg
  • 容量:約27L
  • 材質:高耐衝撃性コーポリマー樹脂
  • 耐荷重:500kgf
  • 取手引張強度:110kgf
  • 有効内寸法:幅360×奥行255×中皿下深さ210mm
  • 中皿内寸法:幅223×奥行265×高さ70mm

しかし、ブロガーとして同じものを使い続けるのは思考停止かな…と思いまして、バケットマウスを購入しました。

リングスター ドカット サイズ展開

D-5000

ドカットのサイズは3種類。兄貴分のD-5000

  • サイズ:本体/(L)538×(W)359×(H)347mm
  • 重量:3.5kg
  • 材質:高耐衝撃性コーポリマー樹脂
  • 容量:38L
  • 耐荷重:500kgまで
  • 中皿(内寸法)/193×286×H90mm
  • 生産国:日本

D-4500

リングスター(RING STAR) ドカット D-4500

リングスター(RING STAR) ドカット D-4500

2,170円(07/12 20:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

そして弟分のD-4500がラインナップ。

  • サイズ:幅465×奥行280×高さ280mm
  • 重量:2.1kg
  • 容量:約17L
  • 目安内寸法:幅340×奥行200×中皿下160mm
  • 中皿寸法:幅154×奥行210×高さ78mm
  • 耐荷重:627kgf
  • 取手引張強度:110kgf(均等に力をかけた測定値であり保証値ではありません)

D-4700を選んだ理由

リングスター D-4700にメイホー VS-3020シリーズがぴったり
 
メイホウ(MEIHO) VERSUS VS-3020NS スモークブラック

メイホウ(MEIHO) VERSUS VS-3020NS スモークブラック

726円(07/12 20:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

なぜ次男坊のD-4700をチョイスしたのか?と言うと、

  • メイホー VS-3020シリーズがシンデレラフィット。(上写真)
  • 私がレンタルボートに持ち込むルアーの量を丁度よく収納できる。
  • 狭いレンタルボート上でD-5000は大きすぎる。

そんな理由から、 D-4700を使用していました。

私だけでなく、多くのレンタルボートユーザーがD-4700を使用しているように思います。

MEIHO バケットマウス BM-7000

 

乗り換えたのは、バケットマウスのBM-7000。正確に言うとBM-7000SPと呼ばれるモデルで、ミリタリーブラウン スペシャルカラー仕様ですね。

ドカットのD-4700とほぼ同じ大きさです。

    本体サイズ:幅475×奥行335×高さ320mm
    本体重量:2.74kg
    容量:約28L
    材質:高耐衝撃性コーポリマー樹脂

MEIHO バケットマウス サイズ展開

BM-9000

バケットマウスのサイズも3種類。兄貴分のBM-9000

  • サイズ:540×340×350mm
  • 容量:35L
  • 座れる両面開閉のタックルボックス
  • 多目的ホルダーでロッドスタンドやオプションを装着可能
  • オープン時の90度ストッパー
  • 本体内に別売りケースをシステム収納可能
  • ハーフトレイ

BM-5000

メイホウ(MEIHO) BM-5000 バケットマウス  ブラック

メイホウ(MEIHO) BM-5000 バケットマウス ブラック

2,760円(07/12 20:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

そして弟分のBM-5000がラインナップ。

  • サイズ:440×293×293mm
  • 素材:耐衝撃性コーポリマー
  • 重量:2,380g
  • カラー:ブラック、オレンジ
  • 容量:20

ドカットとバケットマウスのサイズ比較

それぞれ、

“ドカットとバケットマウスのサイズ”

ドカット D-5000≒バケットマウス BM-9000
ドカット D-4700≒バケットマウス BM-7000
ドカット D-4500≒バケットマウス BM-5000

と言う関係性ですね。

価格について

実売価格としては、ドカットの方が安価です。それぞれ最安値を調べてみました。(2020年6月現在。)

“実売価格を比較”

ドカット D-5000:2910円
バケットマウス BM-9000:3682円

ドカット D-4700:2080円
バケットマウス BM-7000:3160円

ドカット D-4500:2131円
バケットマウス BM-5000:2917円

さらっとググっただけですので、参考までに。しかし、同じサイズであればドカットの方がやや安価なのは間違いなさそうです。

どちらにしても言える事ですが、カラーを選ばなければ非常に安価に入手出来ます。

しかし、お好みのカラーのモノを選び出すと、途端に価格が上がると言うのも両者に共通する事ですね。

実に悩ましいところです。

乗り換え理由1:カラーリング

MEIHO バケットマウス BM-7000
 

ドカットからバケットマウスに乗り換えた最大の理由は、カラーリングです。こっちの方がオシャレじゃね?カッコよくね?という感じ。

もちろん、ドカットにもタン、オリーブドラブなどのミリタリーカラーがラインナップされています。しかし、廃盤になってしまったのかネット通販で在庫がほとんどありませんでした。

乗り換え理由2:サイドの収納ポケット

MEIHO バケットマウス BM-7000 収納ポケット
 

サイドの収納も魅力の一つ。プライヤーやハサミなどを突っ込んで運用しています。ドカットには無いものでした。

メイホウ(MEIHO) ハードドリンクホルダーBM ブラック

メイホウ(MEIHO) ハードドリンクホルダーBM ブラック

990円(07/12 20:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
メイホウ(MEIHO) パーツケース BM-100.

メイホウ(MEIHO) パーツケース BM-100.

183円(07/12 20:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

また、ドリンクホルダーやパーツケースなどの拡張パーツもリリースされており、拡張性が高いのも魅力ですね。

これでエナジードリンクをこぼさずに済みます

MEIHO VS-7070
 

とはいえ、私の場合フロントにVS-7070を置いていまして、こちらにもサイド収納が付いています。なので無くても良いのですが、便利な収納はたくさんある方が良い!と言う事で。

 

ただし、何も付いていないドカットの方が自分なりに好きなようにカスタムしやすい、とも言えます。

ここは好みの問題ですね。

乗り換え理由3:サイズが全く同じなので乗り換えが容易

両者は不思議な事に、サイズがほぼ同じなんですね。ドカットで収納していたブツを、ほぼそのまま移し変える事が出来ます。

もちろん、メイホー VS-3020シリーズもぴったり収まってくれます。

乗り換え理由4:フタの開閉角度

MEIHO バケットマウスBM-7000 フタの開閉角度
 

バケットマウスはフタの開閉角度が秀逸でして、この角度で止まります。

一方で、ドカットはバコン!と下まで開いてしまいます。勢いよく開いたフタがロッドにぶつかったりして、ちょっと不便でした。

このフタの開閉角度だけでも、バケットマウスをチョイスする理由になり得ると思います。

まとめ

以上、ドカットとバケットマウスの比較についてでした。

いずれも優れた収納BOXには違い無いですが、バケットマウスの方がやや利便性が高いように感じます。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

リングスター(RING STAR) ドカット D-4700 レッド/ブラック

リングスター(RING STAR) ドカット D-4700 レッド/ブラック

2,189円(07/12 20:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です