meihoのリバーシブルのケース試した! 145mm.ミノーとかシャッドテールとか捗る。

スポンサードリンク

ずっと気になっていたMEIHOのリバーシブルケースを使ってみました。

ジャークベイトや大きめのシャッドテールワームの収納にいい感じです。

MEIHO リバーシブル145

 
メイホウ(MEIHO) リバーシブル 145 クリアー

メイホウ(MEIHO) リバーシブル 145 クリアー

767円(07/23 01:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

MEIHOのリバーシブルシリーズの145mmです。

本来エギとかを入れる用のケースですが、ジャークベイトやシャッドテールワームを格納するのに良さげ、ということで買ってきました。

なぜ145mmにしたのか

 

100mm、140mm、145mm、165mmと多数ラインナップがある中で、145mmにしたのは、130mmクラスのジャークベイトが収納可能だからです。

ご覧のように、O.S.P ルドラ(130mm)もすっぽり。(右から二番目)

逆に、これ以上大きなミノーはあまり出撃機会が少ないので、145mmが最適だと判断しました。

また、兄貴分の165mmはケース自体が大きすぎてちょっと邪魔かも、という感じ。

ジャークベイトかなりいい感じ。

 

ジャークベイトの収納は非常にいい感じです。

トライアングル構造ということで、収納スペースは3角形となっており、うまい具合にトレブルフックがハマります。

ルアー同士のフック絡みも無いですし、どこに何をしまったか一目瞭然で取り出しやすい。

シャッドテールワームも割といい感じ。

 

 

あとはシャッドテールワームがそこそこいい感じだと思います。

純正のブリスターパックに収納すると、型は崩れないのですが、やっぱりとてもかさばる…

というわけで何らかのケースに入れたいのですが、適切なケースがなかなか見当たらない。

そこでこのリバーシブルケースはどうか、という感じです。テールに癖が付きにくい、ということですね。

ドライブシャッド4.5インチ、ハートテール、スイングインパクトファット、フルスイング、ヴァラップスイマーなど1軍シャッドテールを格納してみました。なかなかいい感じです。

まあ、正直言って、ケースを大きく傾けるとテールがグニャんってなっちゃうので、適応としてはまあまあといったところです。

あとはジグ+シャッドテール(スイミングジグ)をリグったまま入れられますよね。

収納量は少ない

なかなか気持ちいい感じで収納できるのですが、絶対的な収納量がやや少なめというのが最大の欠点です。

とはいえ、これに厳選したミノーやシャッドテールを入れて、持っていけるぐらいがちょうどいい量な気もします。

もし入りきらないとすれば、持っていきすぎ!?ということなのかもしれません。

専用ケース捗る説

今回は、ジャークベイト・シャッドテールワーム専用ケースとして、MEIHOの145mmを使ってみました。

収納について思うのは、「○○専用ケース」を用意すると、結構捗るなあ、ということです。

以前、エラストマー素材のルアーの収納に 困ったことがありました。

ご存知の通り、通常のワーム素材とくっつけると溶けてしまったりと、かなりナイーブでセンシティブでデリケートな素材です。

その時は、いっそエラストマー専用BOX、を用意してしまうことで、取り扱いがとても楽になりました。

今回のリバーシブルケースもその一環ということです。

まとめ

以上、MEIHOのリバーシブル145でした。なかなかイイ感じの収納ケースです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です