根掛かりしたときにやっちゃいけない事4選

スポンサードリンク

根掛かりをしたとき、ついやってしまうのが、バシバシとロッドをあおって引っ張ること。

余計に針先がめり込んで、外れなくなってしまいます。

その他、根掛かりした際にやってはいけない事をシェアします。

ロッドで煽って外そうとする

 

 

根掛かりしたときに、ロッドを力強くばしばし煽る。

ロッドはじっくり負荷をかけたときにはしっかり曲がるように出来ていますが、急激な負荷にとても弱いです。

ロッドに悪いだけでなく、根掛かりをより深いモノにしてしまいます。

まっすぐ引っ張る

ロッドをあおるのがダメならば、ロッドを根掛かりした方に向けて、まっすぐ引っ張ればいいんじゃないか。という事になりますよね。

すると、今度はリール(スプール)を傷めることになりかねません。

特にベイトフィネスリールなどは肉薄のスプールとなっていて、結構簡単につぶれたりしてしまいます。

手元で切る

もう外れないし、ライン切っちゃえ。という事で、ラインを手元で切ってしまう。

はじめのうちはよくやりがちな行為ですが、余計な捨てラインを水中に残すことになってしまいますね。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です