根掛かりしたときにやっちゃいけない事4選

スポンサードリンク

根掛かりをしたとき、ついやってしまうのが、バシバシとロッドをあおって引っ張ること。

余計に針先がめり込んで、外れなくなってしまいます。

その他、根掛かりした際にやってはいけない事をシェアします。

ロッドで煽って外そうとする

 

 

根掛かりしたときに、ロッドを力強くばしばし煽る。

ロッドはじっくり負荷をかけたときにはしっかり曲がるように出来ていますが、急激な負荷にとても弱いです。

ロッドに悪いだけでなく、根掛かりをより深いモノにしてしまいます。

まっすぐ引っ張る

ロッドをあおるのがダメならば、ロッドを根掛かりした方に向けて、まっすぐ引っ張ればいいんじゃないか。という事になりますよね。

すると、今度はリール(スプール)を傷めることになりかねません。

特にベイトフィネスリールなどは肉薄のスプールとなっていて、結構簡単につぶれたりしてしまいます。

手元で切る

もう外れないし、ライン切っちゃえ。という事で、ラインを手元で切ってしまう。

はじめのうちはよくやりがちな行為ですが、余計な捨てラインを水中に残すことになってしまいますね。

第一精工 カラビナキッター フォリッジグリーン

第一精工 カラビナキッター フォリッジグリーン

1,063円(11/19 18:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

私は、第一精工のカラビナキッターを使って、しっかりラインにテンションをかけて可能な限り結び目から切るようにしています。

ラインブレーカー、と呼ばれるアイテムですね。

太糸PEなど、引っ張っても切りにくいラインの場合などに重宝しています。一つ持っておくと非常に便利です。

強く引っ張る(余計針先がめりこむ)

ロッドをあおる、のところでも言及したのですが、強く引っ張ると余計に針先がめり込んで、かえって取れなくなります。

じつは、優しくルアーを揺するようにすると、ラインやルアーが揺れた重みで結構外れてくれるのです。

根掛かり初期の段階でどう対応するかで、外れるかどうかがほぼ決まると思います。

まとめ

以上、根掛かりしたときにやっちゃいけない事4選でした。

イラついて、つい強くバシバシロッドをあおってしまいますが、逆効果です。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

逆に、どうすればうまく外れるのかまとめた記事はこちらです

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です