「武井咲がバス釣り」の衝撃。リールはMegabassのIS73C?64センチはホント!?

スポンサードリンク

武井咲がバス釣り。

2017年バス釣り業界を震撼させた1大ニュースのうちの一つではないでしょうか。

64センチというビッグバスのサイズは本当なのか、そしてなぜタックルがメーカーミックスなのか。

武井咲がバス釣り

 

出典:hebinuma

バス釣り業界にとっては、非常に喜ばしいニュースですよね。

人気女優さんの趣味がバス釣り。

河口湖に毎週通い、つい先日64センチのビッグバスをGETしたとの事。

その時の使用ラインはなんと3lb。

そして極めつけは「おかっぱり」での釣果、という事。

TAKAHIROの影響

間違いなく言えるのは、旦那様であるEXILEのTAKAHIROさんの影響ですよね。

TAKAHIROさんはバス釣りが趣味という事を公言されているらしく、影響されて武井咲さんもバス釣りを始めたという感じでしょう。

どちらかといえば、バス釣りがガチで好き、というよりは、TAKAHIROさんとのイチャラブアピールという感じでほほえましいエピソードという印象を受けました。

64センチを河口湖でGET

とはいえ、やはり有名女優さんが「バス釣り」が好き、と公言しているのは非常に喜ばしい事であり、バス釣り業界を明るくしてくれるような出来事には変わりありません。

そして、なんといっても衝撃的なのは64センチのバスをGETした、とさらりと言っていた事です。そうそう簡単には釣れないサイズです。

そして、そのときの使用タックルにもいろいろと物議を醸している内容なんです。

使用タックル

 

64センチのバスの写真と共に掲載されたタックル。

鮮明な画像ではないので、正確にはわからないかもしれませんが、推測してみます。

ロッド:シマノ ポイズングロリアス1610M 

ロッドは初代ポイズングロリアス。

番手は正確には分かりませんが、バット部分の太さから推測するに、ML~Mぐらいではないでしょうか。

1610MLか、1610Mではないでしょうか。

リール:メガバス IS73C

 

最初はダイワのアルファスAIRか、SS AIRではないか?と思ったのですが、よく見るとなんか違う。

Megabassの「IS73C COMPETITION」がルックス的に非常に近いので、多分これではないでしょうか。

※「IS73C COMPETITION」はダイワ・スティーズベースのカスタムリールです。

 

スティーズSV TWになる前のこのスティーズがベースです。

でも、レベルワインドが赤いんで、「IS73C COMPETITION」ではないか、という訳です。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です