強めのベイトフィネスロッド考。’610clp+j’という番手を擁するフェンウィックが気になる。

スポンサードリンク

強めのベイトフィネスロッドの購入を考えているのですが、なかなかコレ!という一本に絞れません。

’610clp+j’という番手を擁するフェンウィックのベイトフィネスが気になってきました。

強めのベイトフィネスロッドのチョイスについて、ポイントをまとめます。

強めのベイトフィネスロッド

今使っているアブガルシアのfantasista yabai fcy-62lが、主用途であるカバーネコリグに対してややパワー不足なので、強めのベイトフィネスロッドを検討しています。

とりあえず、購入候補は絞れたのですが、決め手がないというか、超絶悩み中なんです。

条件

チョイスの条件としては、リールは’16 アルデバランBFS XGを使用するので、メーカーミックスを避けるべくダイワ、アブガルシアは除外。

シマノのベイトフィネスロッドは「強め」なロッドがあまりラインナップに無いため除外。

そんな条件でチョイスします。

迷っている4機種

 

フェンウィック ゴールデンウィングツアーエディション gwt610clp+j

今まで全く選択肢に入っていなかった、フェンウィックがとても気になっています。

本命はゴールデンウィングツアーエディション gwt610clp+j。

未体験ゾーンの「サワムラ式ベイトフィネス」の世界観を感じてみたい訳です。

 

90gという驚異的な軽さと、降りぬきの良い驚くほどシャッキリとしたブランクス。

店頭でちょっと触った程度なんですが、ハイエンドならではの凄みみたいなモノが感じられて欲しくなってしまいました。

 

デザインも落ち着いたワインレッドのカラーリングと、アメリカンな感じのロゴマークがシブくてGOOD。

しかしやはりお値段が最大のネック…

 

※上位モデル?のスーパーテクナにも同じ番手である「フェンウィック スーパーテクナ S-TAV 610CLP+J “Bait Finesse Special” 」がありますが曇上系すぎて手が届きません。

 

フェンウィック アイアンホークフックセッター IHHS-610CLP+J “Bait Finesse Special”

ゴールデンウィング(GW)と同じ番手の’610CLP+J’がアイアンホークフックセッターからもリリースされています。

GWと比較するとリーズナブルなお値段。

 

GWの「ナノレジンカーボンプリプレグ素材」を省略してコストダウンしているようです。

高弾性グラファイトをベースとしたGWシリーズ、中弾性グラファイト+バット部をXラッピングで締め上げたアイアンホーク、という棲み分けになっています。

 

中弾性グラファイトを機軸にバット部をXラッピングで締め上げたブランクスは、しなやかさの中に1本芯の通った剛性感を有し、粘りのあるスムースなベンドカーブを描きます。

という解説の通り、曲げてみたところ、高弾性のしゃっきり感とは少し違う、結構モチモチなしなやか感?も持っている感じでした。

この辺りの特性が自分に合うかどうか、というところですが..

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です