バス釣りに適したパックロッドまとめ。スピニング編。

スポンサードリンク

バス釣りに向いたパックロッドまとめ、スピニングロッド編です。

バス釣りに適したパックロッド スピニングロッド編。

前回のパックロッドの記事では、バス釣りに適したパックロッド、ベイトロッド編をまとめました。

アレコレ吟味した結果、JetSlow×TULALA JetSetter 61Cを購入。

Mクラスのロッドながら、少し重ためのウェイトも扱えるし、キャストフィールや見た目もかなり調子いいです。良い買い物ができたと思っています。

 

パックロッドを選ぶ際には、各社メーカーからどんなモデルがリリースされているのか、断片的な情報ばかりで分かりにくいこともあるかと思います。

とはいえ、事前の製品知識があってこそのロッドチョイスですので、スピニングロッドについても、テーマを掲げてまとめようと思います。

一本で出来るだけ多くのことが出来るモデル

今回、スピニングロッドのパックロッドをまとめるにあたって、重視したのは「一本で出来るだけ多くのリグをカバー出来る」という点です。

単に、「おすすめスピニングパックロッド」という記事だとあまり意味がないと思いますので…

 

という訳で、フィネス寄りのライトなロッドよりも、ある程度のプラッキングもカバーできる、少し強めな番手を中心として選びました。

実際、考慮してみたシチュエーションとしては、仕事の合間に弁慶堀で釣りをする際に、有効となりそうなスピニングのパックロッド。一本しか持っていけない。という感じです。

 

ベイトロッドは手に入れたのですが、スピニングロッドをまだ入手出来ていないので、まとめました。

エントリー~ミドルクラス

まずはエントリークラス~ミドルクラスの、バス釣りに向いたスピニングのパックロッドです。

ダイワ エアエッジモバイル 664ML/LS

レングス 6fti6inch
ピース数/仕舞寸法 4P/540㎜
ロッド重量 100g
キャストWt 1.8~7g (1/16~1/4oz)
 適合ライン(lb) 4~8


ダイワの要注目パックロッド、エアエッジ モバイルの664ML/LS。もっとも「バーサタイル」な番手。

レングス 6fti4inch
ピース数/仕舞寸法 4P/570㎜
ロッド重量 101g
キャストWt 1.8~11g (1/16~3/8oz)
適合ライン(lb)  4~10

より広範囲なウェイトをカバーしている644L/MLS-STも良さそうです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です