灼熱の8月 津久井湖 バス釣り。42cm1本、25cm×2本、他まめ1本。

スポンサードリンク

夏休み釣行第一弾、津久井湖へ行ってきました。

5月ごろの記録的減水から回復した、灼熱の津久井湖のコンディションはいかに。

アオコの発生具合などをシェアします。

8月の津久井湖バス釣り。 津久井観光から出船

 

津久井観光から出船しました。

水位は夏季水位平常値ぐらい。5月ごろまで、貯水量42%と記録的な減水に見舞われていましたが、すっかり回復。

 

桟橋から駐車場はさほど遠くなく、高さもないです。

手運びですが準備はそこまできつくはありません。寝坊のため7時ごろ出船。

フィールドコンディション

8月6日(火) 津久井湖

天気 晴れ

気温 25-35℃

水温 24.5℃(表層。参考値。)

水位 夏季満水

風 北西1.4m/s

釣果

 

釣果 42cmぐらい1本、25cm×2本、他まめ1本でした。

桟橋周辺

 

まずは桟橋周辺のシャローフラットと冠水植物を出来るだけ丁寧に打ちます。

ヴィローラのI字引きと、スワンプミニで、まめとキーパーサイズをGET.

サイズはともかく、幸先の良いスタートです。

各所巡り

 

せっかく津久井観光から出船したので、本湖各所を巡ります。

津久井湖イチの放水量を誇るインレット、串川放水路のあたりまで行ってみます。

しかし無。

 

これだけだとアレなんで、中村ボート対岸の、水中島の位置をシェアしますね。手すりのある岬から真っすぐの位置です。

夏季水位では露出していますが、冬季水位では隠れます。

中流域は水がいまいち?

 

中流域(沼本ボートから、名手橋のあたりまで)はアオコが発生しており、ちょっと水が悪い印象でした。

しかし、まだ全盛期よりはマシですが。

 

今日は相模湖からのダム放流がないため、エアレーションのカレント周りだけ水がよく、それ以外は水が淀んでいる印象。

というわけで、中流域はパスしました。

道志川バックウォーターの天才たち

 

道志川バックウォーターにも念の為偵察に行きます。天才ゴーマルくんを眺めて終了。

相変わらず、デカくてコンディション抜群な奴がゴロゴロ居ます。

 

噂によると、道志川を流れてくる落ち鮎を食ってるらしい。しかも、上空にトンビが居ないタイミングで、差してくるそうな。賢すぎでしょ。

あれが釣れるようになったら超楽しいはずですが、一筋縄ではいきません。

桟橋周辺に戻る

桟橋周辺に戻ります。岸際をナイスサイズが巡回していたので、すかさずスワンプミニを投げ込むとあっさり喰いました。

桟橋周辺は広いシャローフラットなのですが、岸際のゴロタと冠水植物のエリアが回遊コースとなっているようです。

 

多分42〜43ぐらいの、今日イチのいい魚。コンディション良くて、めっちゃ引いたなあ。

やっぱり本湖周辺の方が、水が良く、魚っ気もあった印象です。

スキルフル ヤマトクローラーで出るも乗らず

安心フィッシュはとったので、最後に「釣りたいルアー」での釣りを。

スキルフル ヤマトクローラーを投げ込んでいると、よそ見した瞬間にジュボっと出た!が、乗らず。

悔しい…ヤマクロフィッシュは次回へと持ち越しになりました。

まとめ

 

以上、津久井湖釣行でした。

暑さでやられそうでしたが、なんとかグッドフィッシュをGETすることができました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

前回の津久井湖釣行

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です