[アングラー取材]GARMIN エコマップウルトラ102SVとライブスコープで楽しむレンタルボートスタイル[中編]

スポンサードリンク

アングラー取材 第7弾 FMStayGold Kazさん @5月下旬の津久井湖 [中編]

FMStayGold Kazさん
 

アングラー取材第7弾[中編]はFMStayGold Kazさんのレンタルボート装備紹介です。

Kazさんが運営されているブログ→FMStayGold

についてお伝えします。

 ☝︎YouTube動画はこちらになります。

FMStayGold Kazのレンタルボートスタイル

Kazさんは、レジットデザインのワイルドサイドを20本以上お持ちの’レジッター’。

レンタルボートスタイルは、各所に「レジットパープル」を配してロッドとの統一感を生み出しています。

エレキ:モーターガイド 旧ツアー 54lb改→82lb

 

エレキはモーターガイド 旧ツアーの12V 54lbを24V 82lbに改造したもの。モーターとハウジングをごっそり入れ替えることでチューニング出来るそう。

(フィッシングガレージブラックさんで施工) 

シャフト長は32インチ仕様

キャビテーションプレート:フィッシングガレージブラック オリジナル キャビテーションプレート

 

フィッシングガレージブラック製のキャビテーションプレート。

KDW マウントドアノブ

 

エレキマウントのドアノブは、カケヅカデザインワークス製マウントドアノブを装着。

リーシュコードが装着されており外しても落ちないノブになっています。I字型で締め込みやすいのも美点。

さらに、アルミアルマイト製で所有欲をくすぐります。アルマイトカラーはレジットパープルで統一。

マウントドアノブは、東京、足立区にありますプロショップマニアックスさんのオンライン通販で購入することが可能です。

バウデッキ:フィッシングガレージブラック FRPバウデッキ

 

バウデッキはフィッシングガレージブラック製でカラーは濃紺??にラメ入りの塗装です。

エレキのマウントは希少な20ゲーターマウント。小型バウデッキに合わせてショート加工が施されています。

20ゲーターマウントはめちゃくちゃ軽いのが特徴。しかし耐久性はさほど高くなく、あちこちガタが来ているとのこと。

取材後に16リトルゲーターでマウントを新調されたみたいです。ライムグリーンが眩しいマウントはこちらもフィッシングガレージブラック製。

トロールジャケット

 

エレキのケーブル類のカバーには、THマリン Gフォース トロールジャケットを装備。

ネオプレン製で伸縮性が高く、旧ツアーにありがちなケーブル類がカバー内でお互いに引っかかってステアリングが重くなる症状を解消。

柔軟な素材なので、車載時にも取り回しがしやすくなります。

魚探:ガーミンエコーマップウルトラ102SV

 

魚探はガーミンのエコーマップウルトラ 102SV。迫力の大画面です。

パノプティクス ライブスコープ

 

大画面でライブスコープを楽しまれています。10インチの大型魚探にしているのは、ライブスコープで得られる情報量を増やす目的です。

ライブスコープは専用の振動子をエレキのシャフトに取り付け。角度が自在に変えられるマウントにすることで、ライブスコープの通常モードとパースペクティブモードを切り替えられるようにしています。

※パースペクティブモードとは、ボート前方の水中の様子を、上から俯瞰した視点で描写する機能です。

振動子ポール:フィッシングガレージブラック オリジナル振動子ポール

 

振動子ポールはフィッシングガレージブラックオリジナル。

 

魚探&振動子のマウントは、定番のRAM1.5インチ。

“ikahime”
次ページで遊心T-Style製ハイデッキやプロショップオオツカ リチビーなどをご紹介。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です