フィッシングアパレル「ダイナソーデザイン」主催のダイナソーカップに参戦してきました@津久井湖

スポンサードリンク

ダイナソーデザイン主催のダイナソーカップ

 

相模湖・津久井湖ロコアングラー、巻きのマッキーさん主催のダイナソーカップに参戦してきました。

ダイナソーデザイン」はマッキーさんが運営するフィッシングアパレルで、その冠大会がダイナソーカップ。今回は、記念すべき第1回大会です。

ルールはベイトタックルオンリー。キーパーなし、ブラックバス2本の長さで競います。

津久井湖

 

舞台は津久井湖。津久井観光ボートを貸切で大会が開催されました。

私にとっては、自宅から至近でいつも通っているいわば「ホームフィールド」です。

津久井湖については多少知ってるぜ!なんてイキった状態でスタートしました。(爆)

いつもの釣りからスタート

 

いつもやってる’岩盤こちょこちょ’してれば釣れるっしょ。という極めて甘い考えで釣りをスタート。

しかしエリアを外しているのか反応なし… レッグワーム2.9インチの直リグなど割とセコイやつも投げたのですが無。

やばいなあ..という感じで迷走していたらあっという間に11時になってしまいました。

最上流へGO!

 

中流域を流していたのですがやっぱり反応なく。今日はデコるな。なんて思ってたのですが、最後の賭けに出ます。

ガラッと流れを変えたかったので最上流に行ってみることにしました。最上流へたどり着くと、沼本ワンドのあたりで大量の浮きゴミが。

それを掻き分けて進むと、めっちゃバス居る!まじかよ。

なんとか2本GET

 

ベイトタックル縛りなので、いつも頼りまくってる’マイクロなやつ’は投げれません。

というわけである程度自重のあるバークレー マックスセント Dワーム5.5インチのノーシンカーをもぞもぞさせていると、なんか喰ってました!

(スクールに投げつけたら勝手に競争状態になってくれた)

34cmぐらいのをGET。

 

続いて、大阪から参戦!されていたしんじさんが打っているブッシュの横に入らせてもらいました。

しんじさんは、イマカツのギルロイドJrでブッシュの奥に隠れたでかいバスを狙われていました。漢の釣り!

 

ギルロイドJrで引っ張られてきたバスを横取りするという鬼畜な釣り方で41cmをGET!(ブッシュに引っ掛けてチョウチンしてたらラッキーで食いました)

しんじさんすいません(笑)

というわけで、12時までノーフィッシュからの起死回生でなんとかリミット揃えました。

 

この時点で、12時40分。帰着は13時30分でした。

津久井湖の最上流、道志川のエリアから津久井観光までは結構距離がありまして、24V/80lbのエレキ全開で30分〜40分ほどかかります。

めちゃくちゃ焦りつつも無事帰着。

中華リチウム(24V)で30分ぐらいエレキ全開かましたので、ブラシが焼けちゃってる可能性大です。

本来なら、もう少し余裕をもった立ち回りをしたいところですね。

それから、中華リチウムのせいで船尾が軽すぎて喫水のバランスが悪いため、ボート船首のロープ穴から水が浸水してしまいました。

これも課題ですね。船尾に水袋積むか。

8位でした

 

写真は表彰式の様子。私は8位ということでなんとも微妙な感じ…

敗因は、時間配分がクソすぎたことだと考えています。

朝一に有力ポイントの大沢ワンドに入ったのですが誰も打っていなくて、しかも見えバスいたので1時間ぐらい使ってしまいました。

見えているとつい粘ってしまいますよね。明らかに上流のバスのほうが活性高かったっす。

ダイナソーカップまとめ

以上、ダイナソーデザイン主催のダイナソーカップについてでした。

ダイナソーカップは、デジタルウェイン方式(釣れたバスを撮影して主催者に送付)なので、ライブウェルをお持ちでなくても参戦できます!

 

また、アットホームな雰囲気で楽しめる大会です。トーナメントといっても、普段の感じで楽しく釣りをすることができます。

マッキーさん素敵な大会をありがとうございました。

 

第2戦は千葉県の高滝ダムで行われるそうですので、気になった方はダイナソーデザインの公式Twitterをフォローしてみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です