[アングラー取材]神奈川チャプター戦士 しんじのタックル。[前編]

スポンサードリンク

アングラー取材 第9弾 しんじさん @7月中旬の津久井湖 [前編]

 

アングラー取材第9弾はしんじさんのタックル紹介[前編]です。

しんじさんが運営されているブログ→fieldcolor.net

しんじさんが運営されているWebショップ→88商店

☝︎しんじさんが主催する「釣り普及委員会

  • [前編1]はタックル(撃ちモノ)⇦この記事でご紹介する動画
  • [前編2]はタックル(巻きモノ)
  • [中編]でレンタルボートスタイル
  • [後編]でタックルボックスの中身

についてお伝えします。

 ☝︎YouTube動画はこちらになります。

しんじさんについて  

とにかくバス釣りにどっぷり、なしんじさん。実はNBCチャプター神奈川の役員さん。さらに、NBCチャプター東京にも参戦されているというトーナメントジャンキーでいらっしゃいます。

少し前まで東京在住、今は大阪在住なのですが、毎週のように関東のフィールドへ足を運んでいて、この日も大阪からわざわざ取材のためにお越しくださいました。

…嘘です、次の日に津久井湖で開催された「ダイナソーカップ」に出場されるため、関東遠征を敢行されているタイミングで取材させていただきました。

そのほか、琵琶湖、相模湖&津久井湖、芦ノ湖etc…とにかく日本全国のバスフィールドへ足を運ばれており、モノ凄いバイタリティの持ち主です。

釣りのスタイル 

 

メインの釣りのスタイルは「制限のある中での釣り(=縛り)」が得意、とのこと。

 

ツイートを見てもらえればわかると思うのですが、ガチの釣りウマさんです。

3月の津久井湖(高難易度だと思います)で半端ない津久井湖ビッグママを狙い撃ちするなど、論理的かつ戦略的にバス釣りをするアングラーさんです。(適当にやってたら絶対釣れないやつです)

 

タックルは、ボート用はシマノが多め。とはいえ、シマノ以外も普通に使うということで、おかっぱりではダイワのハートランドシリーズを愛用されているそう。

今回ご紹介するなかで特に目立つのは、懐かしい初代ポイズングロリアスシリーズ。

往年のシマノファン必見のタックル紹介となっています。

 

※取材翌日に行われた「ダイナソーカップ」では、’ベイトタックルオンリー’というレギュレーション。というわけで、ベイトタックル9本をがっつり取材させていただきました

“ikahime”

撃ちモノ用ロッド×4本、巻きモノ用ロッド×5本というラインナップ。今回は、そのうちの撃ちモノロッド4本をご紹介していただきます。

今回の動画に登場した釣り具

タックルは全部で9本ご紹介いただきました。

弱い順で撃ちモノ用ベイトタックル(4本)をご紹介していきます。

シマノ ゾディアス 167M-S + シマノ ‘16アルデバランBFS XG

 

一本目はゾディアス 167M-SアルデバランBFS XGの組み合わせ。

ゾディアス 167M-Sは、ソリッドティップを採用したミディアムパワークラスのベイトロッドで、非ベイトフィネスのMLとベイトフィネスの中間ぐらいのロッドです。

しんじさんは主に’ベイトネコ’や’ヘビーダウンショット’をやるために使われています。

ワームは津久井湖相模湖界隈で流行中のフォロー ワッキーティーチャーに1.8gのネイルシンカーをセット。

ラインセッティングはフロロカーボンの10lbです。

“ikahime”
次ページで懐かしの初代ポイズングロリアスシリーズを3本ご紹介!

>>>次ページ:初代ポイズングロリアスシリーズほか

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です