津久井湖釣行。 良型を求めて。 津久井バスは天才揃い!?

スポンサードリンク

いよいよ明日、H1GPX(グランプリ)が開催される津久井湖。
そんなタイミングで、津久井湖に浮かんできました。
ベイトや地形変化をキーに良型の居場所を探ります。

津久井湖

明日、神奈川屈指のリザーバー津久井湖で、2016年9月11日(日)にH-1グランプリが開催される予定です。プラクティスに入っているトップトーナメンターの方々もちらほら
お見かけしました。
そんなホットスポットである津久井湖での釣行記です。

 

水温23度。 天候は、曇り/晴れ。まだまだ厳しい暑さの残る中、時折涼しい風が吹き、秋の気配を感じさせる中の釣行となりました。

H1グランプリ開催前日とあってトップトーナメンターの方々がプラクティスに訪れていました。

津久井観光

津久井観光

 

レンタルボートは、H1グランプリの開催会場でもある、いつもお馴染みの津久井観光さんを利用しました。 

出船時刻&下船時刻

津久井観光さんは営業開始が5:30。出船時刻が5:30ではないので注意してください。
5:30より前に到着してもゲートが閉まっています。
詳しくは、津久井観光さんのHPで確認してください。
 
準備を終えて出船するのは6:00頃。
下船は、本日はH1前夜ということもあり、平常営業より30分はやい17:00でした。

釣果

津久井湖

津久井湖

 
津久井湖

津久井湖

 
津久井湖 バス

津久井湖 バス

 

釣果は、レギュラーサイズ4本。
ベイトやカレントをキーにして複合エリアを中心に攻めてみましたが、
やはり難易度の高い津久井湖。まずまずな釣果となりました。
バズ(nories ボルケーノグリッパー 1/2oz)で一本、その他
、カバー打ちやライトリグ(ネコ、バックスライド)。

午前中の立ち回り

津久井湖 下流エリア

津久井湖 下流エリア

 

津久井観光から出船し、下流(本湖エリア)を流していくことに。津久井観光前のシャローフラットから、三井大橋のあたりまで流します。

赤十字前、中村ボート前。

そして中沢ワンドへ。

 
ベイトフィッシュはそこら中に居てなかなか良型のバスとリンクしない…
難しいです..

下流エリアを流し、釣れ渋る時間帯へ突入。
このまま続けていても答えは見つかりそうにないため、バックウォーターへ1時間かけて大移動することにしました。

 
 
 

午後の立ち回り

沼本ワンド前

沼本ワンド前

 

バックウォーターに向かう途中、通称’川’エリアには、台風後の、流木や浮きゴミが大量でエレキで進むのに一苦労。
 
沼本ダム、道志橋を超え、バックウォーター(道志川)に到着。

TALEXレンズでサーチ。俺のイーズグリーン。今日もクリアな視界。

台風通過後の濁りも川底がうっすら見える程度にまで回復しつつあり、回遊しているバスがちらほら。
サイトフィッシングで狙い撃ちしますが簡単には口を使わない。
結局攻略できず。

そうこうしているうちに、タイムアップで納竿となりました。 

 

 

 
 

 

 
 
 
 

 

まとめ

 

前回、上流のみでの釣行となりましたので、下流方面のコンディションを確認。

亀山ダムなどの房総リザーバーと比較すると、目に見えるレイダウンや、流れ込み、竹のカバー、マンメイドストラクチャーが、プアな津久井湖。
魚探掛けして地形変化やベイトフィッシュ、その他魚影を頼りにして’バス生るの木’をサーチしましたが絞りきれず…

まだまだ津久井湖のバスの気持ちは解明できません。

明日も津久井湖アタック。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です