相模湖の季節感。まだ割と夏っぽかった。

スポンサードリンク

先日(2019年09月29日)に行った相模湖の季節感を完全に間違えました。

今年は季節進行が遅い感じで、まだ割と夏っぽかった、というお話です。

もう秋になっていると思っていた相模湖

 

釣行日:9月29日(日)

水温:表層21℃

気温:27.7℃

天気:晴れ

水位:満水

いく前は、もう秋になって、一段落ちてると思ってたんですよね。(秋になると一段落ちる、とかそういう単純なものではないと思いますが…)

お隣の津久井湖は、秋っぽい、ディープのわかさぎについたバスが釣れたりしました。すでにシャローからバスがほとんど姿を消している感じ。

相模湖も、例年であればお盆をすぎたあたりから、表層の魚っ気がなくなってきて、激ムズモードになってくるように感じていました。

シャローにナイスサイズが回遊している

しかし、思っていたよりもシャローにバスがうろうろしており、見えバス多数。しかもでっかい。

特に秋山川の岸際は、良型のスクールを多数発見しました。魚の動き方は、その場に留まることが少なくて、どんどん餌を求めて回遊しているような感じを受けました。

その辺はちょっと秋っぽいような感じ。

サイトも成立する

もうサイトフィッシングなんてできないだろうな、と思っていたのですが、まだやれそうな感じでした。

思いのほか、見えバスがたくさんいたので慌ててサイト用のノーシンカーをリグりました。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です