相模湖でいいの釣れた。 ただし再現性0。

スポンサードリンク

2016年5月28日に相模湖に行ってまいりました。

その時にいつものアベレージサイズを大幅に超えたバスをGETすることが出来ました。

その日は地元の友人と久しぶりに休みが合うということで相模湖へ釣行へ行ってきました。

デカイの居た

DSC01358

 

ショアラインをゆっくりエレキで流しているとちょっとした植物カバーの下にバスっぽい魚影が見えました。

近寄りすぎていたので、一旦スルーして大回りしてまた戻るとやはりいました。

サイズはわかりませんが、そこそこありそう。

ショアラインにべったりくっついています。

フリックシェイク4.8in

そこでサイトフィッシングではド定番の加藤誠司氏肝いりのJACKALL Flick Shake sight magic [フリックシェイク サイトマジック]4.8″、ノーシンカーマスバリワッキーを投入することにしました。

カラーは視認性重視の#マルハタシャーベット

神キャス

偶然にもバスの鼻先数センチの超いいところにキャストが決まりました。

見えバスを食わせるときのキャストコースとしては

①ふらふら泳いでいるバスに対しては、泳いでいくコースを先読みして通るであろうところにそっと投げて待機させておく

②ショアラインにべったりして岸のほうを向いているバスに対しては、岸やオーバーハングから落ちてきたエサを演じるために鼻先に落とし込んでリアクションで食わす

だいたいこの①か②のパターンでキャストしていますが、今回は②のパターンにピッタリと嵌める事ができました。

目の前にフリック

突然目の前にとてもおいしそうな自発的フォールアクションでフリックシェイクが落ちてきたバスはリアクション的に口を使ってくれました。

白いフリックシェイクがバイトされ突然消えるところが丸見え

とても興奮のバイトシーンを見ることが出来ました。

潜られる寸前

しかしMLクラスの4lbタックルだったので壁際から引き離そうともなかなか元気が良くて引き離せない。

ちかくに水中に沈んだ木があってそこに潜りこもうとします。

ラインブレイクが心配でしたが木に潜られるとお終いなのでドラグを少しキツめて多少強引に引きずり出しました。

いつもこれが欲しい

DSC01336

 

そんなこんなで48センチのナイスプロポーションな相模湖バスをGETすることができました。

しかしいつもこんないい魚がふらふら居るわけではないので大変貴重です。

DSC01342

 

アベレージサイズならデコる事はなかなか無くなってきた相模湖釣行ではありますがこれを狙って釣れるようになるにはどうしたらいいのか。

これからの相模湖釣行の最大の課題です。

良く見える偏光レンズの重要性

DSC_8554

 

今回、タレックスレンズを入れての初めての釣行となりましたが、ローライトで、かつオーバーハングの下に居たバスを発見できたのはタレックスレンズのおかげだったと言っても過言ではありません。

正直以前の偏光レンズでは見つけることが出来なかったでしょう。

やはり良い偏光レンズは釣果に影響があるということ。

それを再確認することができました。

手持ちフレームにTALEXレンズを入れたときのレポートはこちら★↓

まとめ

DSC01361

 
DSC01330

 

 

連れも子バス君ではありますがなんとか2本GETすることができ、安心の釣果で終わることが出来た相模湖釣行でありました。

フリックシェイクの喰わせ性能の高さと、TALEXレンズの偏光性能の高さを改めて実感する釣行となりました。

相模湖、さらにデカイのを狙ってこれからも通いつめたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です