淡水の水族館!相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら訪問。(バスも居るゾ)

スポンサードリンク

淡水魚の水族館、相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはらに行ってきました。

ブラックバスの居る水槽があったり、「釣活」イベント開催中という事で釣り好きパパも楽しめましたよ。

 

相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

 

神奈川県相模原市の相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはらに家族で行ってきました。

 

どんな施設なの?というと、珍しい「淡水の水族館」。神奈川県の県央地区を流れる一級河川、相模川のほとりに位置します。

アユ、マス、タナゴなど淡水魚の水槽などがメインで、ウグイやコイのエサやりなど体験型設備も。小さなお子さん連れやカップルで行ってみると楽しいと思います。

規模的には数時間~半日で回れる程度で、正直言ってそんなに大きな施設ではありませんが、入館料大人390円、子供130円という事で非常に安価に楽しめるのもポイント高いです。

あまりの入館料の安さに、市営かな?と思いきや、一般企業が運営されているようです。(新江ノ島水族館を運営されている会社さんだそうです)

 

釣活

 

 

そんな相模川ふれあい科学展にて、3月3日まで「釣活」と呼ばれる気になるイベントが開催されています。

「~釣りの基本を学ぼう~」というなにやら気になる触れ込み…

その正体は、主に未就学児~小学校低学年のお子様に向けてのイベントで、メインは磁石で魚の模型釣りをするというお子様向けイベントなんですがw

 

しかし地味に大人も楽しめる展示があり、釣りキチなら思わずクスッとしてしまう用語解説や、

 

地味に本格的なノット解説。

 

「ルアーフィッシング」を紹介する水槽などもあったり。

ジョイクロ発見w 

 バスロイドw

 

(いろいろツッコミどころのある感じもありますがwルアーフィッシングを広く世間に知らしめるという意味で素晴らしい展示です)

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

  • 突然のコメントですみません。
    いつも楽しく勉強させて頂いております!

    今回の記事が家のご近所だったので思わずコメントを残してしまいました。

    自分も行ったことあるありますが、凄いですよね!
    サクラマスもいませんでした?(ちょっとお疲れ気味の)

    ジョイクロとかある段階でルアー好きな人が企画してたんだろうなぁと感じます!

    ブログの更新楽しみにしています!
    宜しければ、またコメントさせて頂ければと思います!

    • コメントありがとうございます!サクラマス、見ましたよ~!あれだけ淡水魚が揃っている水族館、なかなか無いので興奮してしまいました(*^^*)

      あの企画は、運営の方は間違いないく釣りキチでしょうね(笑)
      入場料も激安ですし、穴場スポットですよね👍

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です