’16ヴァンキッシュC2500HGS オーバーホール前編。ハイエンドの中身はどうなってるのか。

スポンサードリンク

シマノ’16ヴァンキッシュのオーバーホール前編です。

ハイエンドモデルを素人が分解&組み立てするとどうなるのか、検証します。

シマノ ’16ヴァンキッシュC2500HGS オーバーホール

 

禁断の?ハイエンドモデル分解をやってみました。今回のいけにえは’16ヴァンキッシュC2500HGSです。

さて、分解前の巻き心地の良さを保持したまま分解&組み付けが出来るのでしょうか…不安ですが、やってみます。

基本構造はストラディックCI4+と似てる

基本的な構造としては、この前ばらしたストラディックCI4+とさほど変わりありません。

ドンドンばらしていきます。

最初の関門

 

スプールを外すと、現れる「スプール軸ベアリングガイド」(金色のやつ)。リジッドサポートドラグの為のベアリングが入っています。

イモネジでドライブシャフトに固定されているのですが、イモネジが3枚入っているシムに隠れています。シムは上に引っ張れば外れます。

 

ストラディックCI4+にはこのシムは無かったので最初の困惑ポイント。

Wera 2054 ヘキサンゴンミクロドライバー 0.9 118062

Wera 2054 ヘキサンゴンミクロドライバー 0.9 118062

764円(09/28 22:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

↑イモネジを外すHEXドライバの番手

ボディカバーの外し方

 

最も分かりにくいのは、ボディカバーの外し方。

 

最初に、ボディカバー正面のマイナスねじを外します。

 

その後、「内ゲリ当タリ」と呼ばれる黒い部品を外します。

(この写真だとどれが内ゲリ当タリ、なのか分かりにくいですね。写真のど真ん中の小さいねじが見えますが、それで固定されているヤツです)

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です