ベイトリール 簡単メンテナンスのやり方。リール長持ち&毎釣行快適な注油箇所!

スポンサードリンク

釣行後のこまめなリールメンテナンス、実施していますか?調子が良いリールでも、必要です。

ベイトリールのメンテナンスのやり方をまとめました。

ベイトリールの簡単メンテナンス やり方

 

私が実戦している、毎釣行後のベイトリールの簡単メンテナンス方法をまとめました。

もちろん、調子がイイリールなら、そのままの状態でも良いとは思います。

しかし定期的にメンテナンスすることによって、トラブルを未然に防ぐことが出来ます。

リールメンテナンスに必要な道具

 
 
シマノ BFS専用オイルスプレー SP-017P

シマノ BFS専用オイルスプレー SP-017P

1,540円(05/24 12:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
キムワイプ 12×21.5cm /1箱(200枚入) S-200

キムワイプ 12×21.5cm /1箱(200枚入) S-200

157円(05/24 17:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

・低粘土オイル(シマノ BFS専用オイルスプレー SP-017P )

・キムワイプ

・綿棒

・適当なウェス

以上です。

オイルをふき取るだけなのでティッシュでも良いですが、毛羽立ちにくいキムワイプがよりおススメ。

リールの内部にティッシュのケバケバを残したくありません!

 

オイルは、低粘土の純正オイルを用意します。

高性能な化学合成油のBFS専用オイルを使っています。安いヤツは鉱物油です。

ちなみに、日常のメンテナンスにグリスは使いません。

簡単なリールメンテナンス

簡単なリールメンテナンスのやり方です。シマノ公式動画とかすでにあるので、改めて私がUPする意義も少ないですが一応まとめます。

1.パーツのガタツキ、緩みをチェック。

 

リールの造形美にうっとりしながら、パーツのガタツキや緩みをチェックします。

2.乾いたウエスなどで汚れを拭きとる。

乾いたウェスで、水垢や汚れなどをふき取ります。

3.レベルワインドなどに付着したゴミを綿棒などで取り除く。

 

レベルワインド周辺や、細かい隙間にたまった汚れを綿棒などで取り除きます。

特にリール前側に、ラインに付着した細かいゴミが溜まっています。

 

4.ハンドルノブに注油

 

ここからは注油作業。まずはハンドルノブに注油します。

5.スプール軸ベアリングに注油する。

 

続いてスプール軸を支えるベアリングに注油します。シマノベイトリールの場合、サイドプレートとスプールを外します。

すると、スプールベアリングと、サイドプレート内のベアリングにアクセスできます。

スプールシャフト等に付着した汚れをキムワイプで拭きとったのち、注油します。

※スプールベアリングの清掃をより入念にしたい場合

より入念にスプールベアリングを清掃、グリスアップしたい場合は、スプールベアリングリムーバーと呼ばれる特殊工具で、スプールベアリングを外します。

6.メカニカルブレーキキャップを外したところ

 

メカニカルブレーキのキャップを外したところにも、スプール軸を支えるベアリングがあります。

ここもキムワイプで古い油を除去し、注油します。

 

差し過ぎ注意。ワンプッシュでOK.

滴るようですと、回転の抵抗になってしまい、性能が落ちてしまいます。

そんなときは、キムワイプで除去します。

 

※ちなみに、これらのベアリングにグリスは絶対に差さないでください。

全く飛ばないクソリールになってしまいます。

7.レベルワインドのギア周りに注油する

 

レベルワインドのギアにも注油します。

8.ドラグを緩めて保管する。

最後に、ドラグを緩めて終了です。

締めっぱなしだと、柔らかい素材で出来ているドラグワッシャーに、負担がかかります。

 

一般的に、メンテナンスといえばそんな感じです。

調子が良ければ、ばらしたりする必要はありません。

オーバーホールも定期的に必要

日頃の簡単な注油等がメンテナンス。一方で、全部バラして洗浄、脱脂、注油するのがオーバーホールです

 

オーバーホールの周期は、私の場合、ワンシーズンごとです。調子のイイリールに対しても実施します。

 

調子が悪くなるまで使ってしまうと、部品交換などが必要になるケースもあり、余計なお金がかかってしまう為です。

とはいえ日頃からマメにメンテナンスしていれば、明らかに調子が悪くなる事は、あまり起こりません。

メーカーに出すのもアリ。

自分でオーバーホールするのはめんどくさい!という場合はメーカーに出します。

シマノメーカーメンテナンス オーバーホール料金

料金:2,100円~20,000円

シマノ アフターサービス

ダイワメーカーメンテナンス オーバーホール料金

料金:3,500円~25,000円

ダイワ アフターサービス

安いリールはいっそ新しく買いなおすのもアリ。

 

安いリールについては、あまりにも調子が悪くなった場合、新しく買いなおしてしまうのもアリです。

(思い入れがあるリールは別ですが…)

まとめ

以上、ベイトリールのメンテナンスの簡単なやり方でした。

日ごろからのこまめなメンテナンスと、年1ぐらいのOHでリールはかなり長く使えると思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です