そうか、シマノ BFS専用オイルスプレー SP-017Pは化学合成油なんだ。化学合成油と鉱物油の違い。

スポンサードリンク

シマノのBFS(ベイトフィネス)専用オイルスプレー。

普通のリールスプレーオイルとの違いってどこにあるんでしょうか。

化学合成油と鉱物油の違いを考えます。

シマノのBFS(ベイトフィネス)専用オイルスプレー

アルデバランBFSのオーバーホールの際に、リールオイルにBFS専用のモノを使ってみました。

普通のオイルでも十分だと思ったのですが、「BFS専用」ってのが売られている以上、気になってしまいました。

高い理由

このBFSオイル、普通のオイルと比べ倍ぐらいのお値段がします。

なんでこんな高いんだろう。普通のリールオイルと何が違うんだろうと思っていたのです。

その理由を探る為に、人柱として購入してみる事にしたんです。

 

んで、成分表を見てみると、なるほど「化学合成油」なんですね。

科学合成油>鉱物油

ちょっと畑違いの例ですが、自動車やバイクの潤滑に使われているエンジンオイルにおいても、化学合成油、鉱物油と2種類のオイルが存在します。

(半化学合成油、なんてのもありますが、ここでは割愛)

 

鉱物油

鉱物油は、原油を蒸留して精製された、昔ながらの普通のオイルです。

価格は安いですが、耐熱性能に劣り酸化も早く、劣化スピードは速い。

そして、分子構造のばらつきが大きい。

化学合成油

化学合成油は、原料は鉱物油と同じですが、複雑な過程で精製され、可能な限り不純物を排除した高純度のオイルです。

まあ誤解を恐れずにざっくり言えば、より純度が高く性能がイイのが化学合成油という訳です。

 

一般的には高出力のスポーツカーやスポーツバイクといった高性能車には、化学合成油が指定オイルになっている事が多く、この二つのリールオイルを見て、馬力のある高性能車には「化学合成油」を入れていたなあ、なんて事を思い出したのです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です