津久井湖釣行。 裏H-1グランプリ。 エアレーションは’バス生るの木’だった。

スポンサードリンク

H-1GPX(グランプリ)第5戦が開催される津久井湖。
電話バトルに敗れ出場できませんでしたが、空気感
だけでも感じる為、H-1開催当日に津久井湖に浮かんできました。

津久井湖H-1グランプリ開催

H-1グランプリ 2016年間スケジュール

H-1グランプリ 2016年間スケジュール

※クリックして拡大 

 

出典:H1GPX
 

ハードベイトNo1アングラー決定戦、H-1グランプリ。
ハードルアーのみの使用を許され、ワーム、ソフトベイト類使用禁止の、関東メジャーフィールドを一年間転戦する大会です。

釣り具メーカーのプロスタッフや、スーパーローカルアングラーが多数参戦するハイレベルな大会ですが、誰でも参加することが出来るのが最大の特徴です。
もちろんスポット参戦も可能。

津久井湖戦に参加したい

大会参加するためには、開催予定のひと月前の1日に、開催会場であるボート店に電話をして、H1出場希望の旨を伝えてボートをレンタルする、という手順となっています。

地元の津久井湖での大会開催とあって、是非出場したかったのですが、電話でのボート予約は先着順。

予約開始時刻と共に鬼電話しましたが、これがチケットぴあのチケット予約電話並みに繋がりません。

結局電話バトルに敗れ、出場権を獲得することが出来ませんでした

H-1グランプリに参戦するには、多少の運も必要みたいです…

しかし何とか地元である、津久井湖で開催されるH1グランプリの空気感だけでも感じたいと考え、開催会場の津久井観光さんの、お隣の沼本ボートさんから大会当日に出船することにしました。

そんな津久井湖での釣行記です。

当日の状況

水温23度。 天候は、曇り/晴れ。朝から曇天の空模様。
いつ雨が降ってきてもおかしくない空色の下、なんとか一日雨は降らず。

湖上はH1グランプリに参戦している選手達で賑わい、普段の閑散とした津久井湖とは別のレイクのようでした。
 

沼本ボート

image

 

レンタルボートは、いつも利用している津久井観光さんがH1グランプリの開催会場で貸し切りの為、最上流のボート屋さんである沼本ボートさんを利用しました。
ローボート1艇で、2名で4000円でした。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です