野尻湖スモールマウスバス攻略用のロッド考察。U3万円。ULクラス。

スポンサードリンク

秋の野尻湖スモールマウスバス攻略用のロッドを探しています。

備忘録を兼ねて、野尻湖スモールマウスバスに最適なULクラスのロッドを考察します。

 

野尻湖スモール狙うよ

 

盛夏に行けなかったので、晩夏の野尻湖にスモールマウスバスを狙いに行ってこようと思います。

昨年は行けなかったので、2年ぶりの野尻湖。

どうやら9月に入ってからは少し難しくなっているという話もあったりして、なかなか苦戦することが予想されますが…

 

野尻湖スモールに最適なULクラスのロッド

ずっと前に使用していたエクスプライド262UL-Sが折れてから、ウルトラライトクラスのロッドが無いので、新調しようかと思っています。

 

厳しい事が予想される9月の野尻湖。

やっぱり、喰わせに特化したULクラスのスペシャリティロッドが無いとやや不安なんですw

 

という訳で、野尻湖スモールマウスバス狙い用のULクラスのロッドまとめです。

なんてニッチなまとめ記事なんだw

 

レジットデザインの5フィート9インチレングスのショートロッド

レジットデザインの5フィート9インチのショートレングスモデルが気になります。

ラインナップは

・WSS-ST59UL(ソリッドティップ)

・WSS59UL+

・WSS59L

つまり、ソリッドティップ、UL+、Lと3機種のラインナップ。

 

6フィート以下をショートレングスと定めて開発したというこのシリーズ。

物理的に短い事で、高い操作性や感度を実現しているという事ですが。

 

実は6ft以下のロッドって使ったことがないので、使いこなせるかやや不安…

キャストフィールやフッキング性能といったデメリットがどう使用感に影響してくるのか、心配な部分はあります。

 

6ft台のロッドに慣れ過ぎていると、やはりキャストフィールが一番の懸念点。どうも、物足りない感が生じてしまうのではないか、というところです。

今使っているエクスプライドの6.3ftでもキャストフィールにかなり慣れが必要だったのです。

レジットデザイン WSS61UL

 

 

という感じで、59クラスはやや尻込みしているのですが、61クラスのラインナップもしっかり揃っています。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です