バス釣りスタートキット3万円。安くて高品質なバス釣り道具まとめ。

スポンサードリンク

もしも30,000円でバス釣りを始めるならば…?あなたなら何を買う?私ならこれを買う。ということで、30,000円縛りでのバス釣りスタートセットを考えてみます。

ヒット記事

さて、少しだけ前置きを。ikahimeもお陰様で8ヶ月ほど継続して記事を書き続けております。

ほぼ日更新でブログを書いていると、思わぬヒット記事に恵まれることが、若干ですがあります。

他の記事よりも10倍以上PVが多いものはヒット記事と呼べるでしょう。

そんなヒット記事のひとつがこちらの記事。

アクセスが多い理由としては、とにかく無駄に?長い記事で、いろんなキーワードが入っているため、検索からの流入が非常に多いこと。

そしてこれは全く狙っていなかったのですが、「バス釣り スピニング」というそこそこ検索需要の見込めそうなキーワードで、1位~2位と奇跡的な上位表示を実現しています。

二匹目のドジョウ

という訳で二匹目のドジョウを狙って、類似記事を量産するべく、当記事を書いてみました。

しかし実は、他にも二匹目のドジョウを狙った記事があるのですが、二匹目のドジョウにはなれませんでした…

この記事もそんなドジョウにはなれない気がしますが書いてみますw

本気で書いてます

あ、もちろんPVだけを求めて記事を書いているわけではありません。

エントリーユーザーに向けて、3万円という限られた予算で、気持ちよくバスを釣る為の「最善の買い物」とは何か。

というテーマで、本気でオススメなモノ達について、書いた記事です。

 

釣りブログをやる上で、PVが主目的になってしまうといろいろと見失ってしまうので、そこはブレずにやっていきます。

 

長すぎる前置き失礼しましたw

それでは本題である、30,000円縛りバス釣りスタートセットをご紹介します★

 

ライフジャケット

何は無くともまずはコレ!

…でも正直、膨張式は高いので30,000円縛りだと難しいです。

それだけになっちゃいますね。

今回はライフジャケットは除外

最初のうちはレンタルする、という仮定で、今回の縛り金額にライフジャケットは入れません。

ライフジャケットを含めなければ、本当にオススメするモノが3万円で買えます。

※ライフジャケットが不要という意味合いではないです。むしろ最優先すべきです。

 

ナスキーとバスパラ

ライフジャケットを含めると、タックルはナスキーとバスパラの組み合わせになります。

安いタックルをdisってる訳ではありません。私も最初はナスキーとバスパラの組み合わせでした。

しかしそれは本意じゃないチョイスになってしまうので…

 

ライフジャケットについても少しだけ

一応私が使っているやつをご紹介しておきます。

上写真のやつです。「リバレイ RBB エアーライフベルト 」だと思います。

パイセンから格安で譲ってもらいました。(ボンベは新品に交換。←譲ってもらう場合は必須)

リバレイ」さんについてはあまり知識がありませんが、総合釣りアパレルメーカーみたいな感じ。

SHIMANOやDAIWA、その他ブランド物のヤツよりリーズナブル。

ライフジャケットの真実w

ご存知の方が多いとは思いますが、ライフジャケットもロッドと同じで、どのブランドのものも、中身はほぼOEM生産で、高階救命器具(たかしなきゅうめいきぐ)さんが製造したもの。

基本性能は同じであとはデザインやブランド代が上乗せされているんですね。

中身が高階救命器具さんのものであれば、「国土交通省型式承認品」になっています。

命に関わるモノなので、中華製などは避けたほうが良いです。

 

…ライフジャケットについてはまたちゃんとした記事を書かなければならないですね★

当記事ではこのぐらいにして、本題に入ります。

 

まずはリールから。

シマノ ’15ストラディックC2000HGS

ホントは’16ストラディックci4+をオススメしたいんですが…謎の3万円縛りを課している記事なので、普通のストラディック。

実は普通のストラディックは使ったことが無いですが、シマノのスタンダードスピニングですから、間違いのない出来だと思います。

こいつをチョイスすれば、ロッドとリールとラインとルアーを30,000円以内で購入可能なハズ。

…と思いましたが、ちょっとオーバーしそうです…

そこで代替案として、出たばかりの’17アルテグラはどうでしょうか。

シマノ ’17アルテグラC2000S

ストラディックとの違いは、ざっくり言って

・ワンピースベール

・HAGANEボディ

です。どちらもストラディックのみ搭載。

ワンピースベールは、ライトライン使用時にラインへの負担を減らした、一体成型のベールですね。

HAGANEボディはストラディックの場合、アルミハイブリッドボディ..のハズです。

17アルテグラどうなんでしょ?

世間一般的な評価としては、旧アルテグラのとがった個性が無くなり、価値がなくなったという意見が多いです。

しかし、各部の精度などは5年の歳月を経て確実に進化しているはずなので、決して悪いものではないはず。

車だって5年経てばめっちゃ進化しますよね。

重量バランスなども含めスペックだけに現れない進化が必ずあるはずです。と思いたいw

 

かなり端折りましたが金額内に収めるため、リールは17アルテグラで。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です