バス釣り 変わったリグまとめ。~特殊リグ同好会~

スポンサードリンク

バスフィッシングには多種多様なリグが存在します。

有名どころからちょっと変わったリグまでご紹介します。

ビフテキリグ

ビーフリーシンカーを使用したビフテキリグ。もともとはロックフィッシュ用として開発されました。

「ビーフリー」のその名の通り、ワームの可動域が多いのが特徴。フォール時に綺麗な垂直フォールを実現してくれます。

ジカリグ

 

リーダレスダウンショットとも呼ばれる、ジカリグ。

オフセットフックとスティックシンカーをスイベルやスプリットリングを介して直接(ジカ)に接続したリグ。

完成したジカリグ用仕掛けが販売されています。もちろん、自作してもOK。リグるのが簡単というメリットもあります。

基本特性はビフテキリグに似ていると言えます。テキサスリグと比べ、シンカーが下方重心となる事によりワームの自由度が増します。

複雑なカバーには向いていないのと、シンカーがフッキングの邪魔をすることがあるのがウィークポイント。

チェリーリグ

 

出典:SiteB

 

ジカリグの派生版、チェリーリグ。

スティックタイプのシンカーの替わりに、テキサスリグで使用するバレットシンカーをワイヤーに通して使用します。

ワイヤーにラインを結ぶことによりダイレクトな操作感と、ワームの自由度の高さを実現。

ずる引きの際もワイヤーによってワームが押し上げられることによってスナッグレス性能が高まっています。

フリーリグ

韓国発祥のフリーリグ。スティックシンカーをラインに通して、ワームをセットするだけというお手軽なリグ。

テキサスリグのペグ止め無し時の状態に似ていますが、バレットシンカーよりもシンカーの動きが良くなることがポイント。

ボトムでのリフト&フォール時に、シンカーがストンと素早く落ちて、後からワームがゆっくりと追従するメリハリのある動きを出すことが出来ます。

ドンキーリグ

 

出典:tennesseeanglers.com

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です