バス釣りの’ポイント’ってどの単位(広さ)で考える?

スポンサードリンク

「大きくポイント移動」

とか良く言いますが、何をもって「ポイント」とするのか考察します。

ポイント’ってどの単位(広さ)?

釣れない釣り人が「マクロなエリア選択」について語りますw

 

実感として、よく釣る釣り人は移動しまくります。おかっぱりでもボートでも同じです。

なので、「バス釣りは場所だ。」というお話は何度かしてみました。

 

じゃあそこで言う「場所」ってどのぐらいの単位(広さ)を指しているのか。というお話です。

そこから、釣れるエリアが見つかる移動量、釣れるエリアが見つかるマクロなエリア選択方法を考えます。

 

流入河川(バックウォーター)と本湖

 

結論的なお話からすると、流入河川(バックウォーター)ごと。というのがマクロなエリア選択のキモかと思います。

それと合わせて、本湖エリア。という事になります。(本湖が広ければ、いくつかに分ける。)

例)豊英ダム

 

例えば、分かりやすい例として豊英ダム。(小さいので)

 

流入河川(バックウォーター)が2つ存在します。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です