話題の新テクニック ホバーストローリング[ホバスト]。冬バス陥落のNEWメソッドをスパインフックでやってみた。

スポンサードリンク

ホバーストローリング(ホバスト)とは

ホバーストローリング(ホバスト)とは、小型のベイトフィッシュ型ワームを使用し、中層をふわふわとホバリングさせるリグのことです。

DSTYLE ヴィローラ、O.S.Pマイラーミノー、ティムコ スーパーリビングフィッシュなどが推奨ワームですね☺️

 

ルアーが前方に進もうとする力を極力抑えたセッティングがキモで、チョウチンをせずとも、何もないオープンウォーターでほぼその場で静止、または超ゆっくり前進できる、というのが強み。

実際に、どのようにすれば移動距離を抑えたアクションになるのか、相模湖でテストしてきました。

ミドストとは何が違う?

ミッドストローリング セッティング

似た言葉で、ミッドストローリング(ミドスト)と呼ばれるメソッドが存在します。

ミドストは軽めのジグヘッド(0.6、0.9、1.3グラムぐらい)を使用し、一定レンジを中層スイムさせるテクニック。

 

ホバストも、一定レンジを中層スイムさせるという点では変わりがないのですが、より前方への移動距離を抑えたメソッドがホバスト、ということになります。(多分。)

 

ホバスト提唱者の山岡計文(やまおか・かずふみ)氏の動画を拝見したところ、「非常に軽いウェイトのミドスト」というイメージのようです。

(実際にやってみると、ジグヘッドよりかなりフィネスな印象でした。)

アイが90度に曲げられたフック

 

最大のキモとなるのは、アイが90度に曲げられたフックを使用することです。形状的には、ジグヘッドのシンカーが無くなったバージョンのフックですね!

 

これをやや後方にセッティングする事で、通常のジグヘッドやノーシンカーリグに比べてより後方にフックアイが移動するため、ラインで引っ張られたルアーが前進する力が弱まります。

さらに軽めのネイルシンカーを頭部に挿入することで、さらに前進する力を弱めることが出来ます。

 

現在、ホバスト専用フックをRYUGIさんで開発しているそうなのですが、FIshArrowからリリースされている「スパインフック」でも出来るんでないか??と思ったのでやってみました。

※追記

ホバストは横アイのフックの方が良いとされています。なので、縦アイのスパインフックは適合△といった感じらしいっす。

おそらくですがロールアクションが横アイの方が出やすいのだと思われます。

なので、ちゃんとやりたい場合はミドスト用にリリースされた、リューギのベスパ(横アイ)のシンカーを割って使うのが良いみたいですね。

ティムコ スーパーリビングフィッシュ3インチ

ワームは、ティムコメンイチオシのスーパーリビングフィッシュ3インチをチョイスしてみました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です