話題の新テクニック ホバーストローリング[ホバスト]。冬バス陥落のNEWメソッドをスパインフックでやってみた。

スポンサードリンク

ホバーストローリング(ホバスト)とは

ホバーストローリング(ホバスト)とは、小型のベイトフィッシュ型ワームを使用し、中層をふわふわとホバリングさせるリグのことです。

DSTYLE ヴィローラ、O.S.Pマイラーミノー、ティムコ スーパーリビングフィッシュなどが推奨ワームですね☺️

 

ルアーが前方に進もうとする力を極力抑えたセッティングがキモで、チョウチンをせずとも、何もないオープンウォーターでほぼその場で静止、または超ゆっくり前進できる、というのが強み。

実際に、どのようにすれば移動距離を抑えたアクションになるのか、相模湖でテストしてきました。

ミドストとは何が違う?

ミッドストローリング セッティング

似た言葉で、ミッドストローリング(ミドスト)と呼ばれるメソッドが存在します。

ミドストは軽めのジグヘッド(0.6、0.9、1.3グラムぐらい)を使用し、一定レンジを中層スイムさせるテクニック。

 

ホバストも、一定レンジを中層スイムさせるという点では変わりがないのですが、より前方への移動距離を抑えたメソッドがホバスト、ということになります。(多分。)

 

ホバスト提唱者の山岡計文(やまおか・かずふみ)氏の動画を拝見したところ、「非常に軽いウェイトのミドスト」というイメージのようです。

(実際にやってみると、ジグヘッドよりかなりフィネスな印象でした。)

アイが90度に曲げられたフック

 

最大のキモとなるのは、アイが90度に曲げられたフックを使用することです。形状的には、ジグヘッドのシンカーが無くなったバージョンのフックですね!

 

これをやや後方にセッティングする事で、通常のジグヘッドやノーシンカーリグに比べてより後方にフックアイが移動するため、ラインで引っ張られたルアーが前進する力が弱まります。

さらに軽めのネイルシンカーを頭部に挿入することで、さらに前進する力を弱めることが出来ます。

 

現在、ホバスト専用フックをRYUGIさんで開発しているそうなのですが、FIshArrowからリリースされている「スパインフック」でも出来るんでないか??と思ったのでやってみました。

※追記

ホバストは横アイのフックの方が良いとされています。なので、縦アイのスパインフックは適合△といった感じらしいっす。

おそらくですがロールアクションが横アイの方が出やすいのだと思われます。

RYUGI(リューギ) ジグヘッド ヴェスパ #3 0.9g

RYUGI(リューギ) ジグヘッド ヴェスパ #3 0.9g

505円(04/02 18:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

なので、ちゃんとやりたい場合はミドスト用にリリースされた、リューギのベスパ(横アイ)のシンカーを割って使うのが良いみたいですね。

ティムコ スーパーリビングフィッシュ3インチ

ワームは、ティムコメンイチオシのスーパーリビングフィッシュ3インチをチョイスしてみました。

※ティムコでホバスト用の「スーパーホバリングフィッシュ」も開発中だそうです。しかしスーパーリビングフィッシュでも十分出来る、とのこと。

 

ロールアクションを上手に出すため、出来るだけ浮力のあるワームをチョイスするのがポイントです。具体的には、中空構造になったベイトフィッシュ系のワームですね!

スパインフックを使用

Fish Arrow(フィッシュアロー) スパインフック #2

Fish Arrow(フィッシュアロー) スパインフック #2

330円(04/02 18:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

今回使用したフックは、FishArrowからリリースされている、スパインフック

ホバスト用としてリリースされている訳ではないのですが、狙いのリギングにマッチングする90度アイの形状です。

 

ホバスト専用フックとしては、RYUGIから「ホバーショット」と呼ばれるホバストフックが開発中とのこと。

縫い刺しイメージ。これはジグヘッドですが。

 

出来るだけワームの上部に、いわゆる「縫い刺し」(刺した後に一旦抜いて、さらにまた刺す)でリギングするのがポイントです。

シンカーは、1/64oz(0.45g)のネイルシンカーを頭から挿入しました。泳がせたいレンジによってネイルシンカーの自重を微調整するような感じだと思います。

細糸PEライン推奨

ミドストに比べてシンカーウェイトが軽くなるので、キャストアキュラシーが低下します。(ミドストは、0.6、0.9、1.3グラムぐらいを使っていましたが、ホバストは0.3gぐらいが基準のようです。)

そのため、広く探るメソッドではなく、あくまでピンで良いところを狙っていくメソッド、という性質が強いように感じました。

 

キャストアキュラシーをあげたければ細糸PEラインでのセッティングが良いように思います。ただ浮力がついてしまうのでなんとも言えないところなのですが…(山岡氏は普通にフロロ3lbでやっています)

でも動画を拝見する限りだと、かなり表層直下、バイトが見えるぐらいのレンジでやっているようですので、リーダー長めにすればOKな気もします。

ふわふわ出来たのか

 

いつも通りなのですが、相模湖で実際に試してみたものの、お魚からの反応はまだ得られておりません(汗

(釣れたら追記しますね)

しかし、スパインフックでも十分に狙いのアクションは出せるような感じはしました。ふわふわと移動距離を抑えて、細かくロールアクションしてくれます。

すでにホバストが効くシーズンに入っているそうなので、専用フック発売前ではありますが、先取りという事でやってみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、NEWテクニック、ホバーストローリングについてでした。

「積極的にエサをガンガン追い回す体力は無いけど、うまそうなエサがあったら食べたいな?」

と思っている早春のバスにめっちゃ効きそうなメソッドだと感じました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

Fish Arrow(フィッシュアロー) スパインフック #2

Fish Arrow(フィッシュアロー) スパインフック #2

330円(04/02 18:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です