PEラインがスプールを滑る対策。ナイロン下巻きとテープ固定どっちがいい?

スポンサードリンク

ベイトリールにPEラインを直に巻いた時、ライン全部が丸ごと滑ってしまうことがあります。

ナイロン下巻きを入れるか、テープ固定するか。対策方法を模索します。

PEラインがスプールの上を滑る!?

 

PEラインをスプールに直巻きすると、スプールとPEラインが滑ってしまうことがあります。

ハンドルを回しても、スプールだけが虚しく回転し、上に乗っかったライン丸ごと全部がスルスル滑る状態です。

 

まるで、ドラグを最弱まで弱めたかのような症状で、最初何が起きているのか全く分かりませんでした笑

一瞬、リールが壊れたか!?となり、めちゃくちゃ焦ります。

 

PEラインは伸縮性が無く、スルスルと摩擦係数も低いので、スプールへの巻き付き力が弱いので起こります。

え?そんなこと起こるの?と思ってましたが、スピニングとベイト両方で起こったことがあります。

現場で直せない。

これが非常に厄介なトラブルで、全くリールが巻けなくなります。

また、一度起こってしまうと、ラインをゼロから巻き直さないと治りません。つまり、現場で直すことがほぼ出来ないという事です。

 

不意に大物を掛けた時に、このトラブルが起きてしまうと目も当てられません。何らかの対策が必要となります。

対策方法としては、穴の空いたスプールと、穴のないスプールとで分かれるかと思います。

穴のあるスプールは、穴に通せばOK。

穴の空いたスプールに関しては、穴にPEラインを通してから、ユニノットで結びつける。

当たり前ですが、これだけで滑らなくなります。

穴のないスプールで、とても困る。

特に問題なのは、穴のないスプールです。

ナイロンラインの下巻き

個人的には、ちょっとめんどくさいですが、ナイロンラインの下巻きをしてから、巻きつけます。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です