PEラインがスプールを滑る対策。ナイロン下巻きとテープ固定どっちがいい?

スポンサードリンク

ベイトリールにPEラインを直に巻いた時、ライン全部が丸ごと滑ってしまうことがあります。

ナイロン下巻きを入れるか、テープ固定するか。対策方法を模索します。

PEラインがスプールの上を滑る!?

 

PEラインをスプールに直巻きすると、スプールとPEラインが滑ってしまうことがあります。

ハンドルを回しても、スプールだけが虚しく回転し、上に乗っかったライン丸ごと全部がスルスル滑る状態です。

 

まるで、ドラグを最弱まで弱めたかのような症状で、最初何が起きているのか全く分かりませんでした笑

一瞬、リールが壊れたか!?となり、めちゃくちゃ焦ります。

 

PEラインは伸縮性が無く、スルスルと摩擦係数も低いので、スプールへの巻き付き力が弱いので起こります。

え?そんなこと起こるの?と思ってましたが、スピニングとベイト両方で起こったことがあります。

現場で直せない。

これが非常に厄介なトラブルで、全くリールが巻けなくなります。

また、一度起こってしまうと、ラインをゼロから巻き直さないと治りません。つまり、現場で直すことがほぼ出来ないという事です。

 

不意に大物を掛けた時に、このトラブルが起きてしまうと目も当てられません。何らかの対策が必要となります。

対策方法としては、穴の空いたスプールと、穴のないスプールとで分かれるかと思います。

穴のあるスプールは、穴に通せばOK。

穴の空いたスプールに関しては、穴にPEラインを通してから、ユニノットで結びつける。

当たり前ですが、これだけで滑らなくなります。

穴のないスプールで、とても困る。

特に問題なのは、穴のないスプールです。

ナイロンラインの下巻き

個人的には、ちょっとめんどくさいですが、ナイロンラインの下巻きをしてから、巻きつけます。

 

伸縮性の高いナイロンラインを下巻きにすることで、滑りを抑制します。ほんの数メートル巻きつけるだけでOKです。

ブランキングの穴に結んだり、テープを貼らなくても、2~3周巻き付ければかなりグリップ力を発揮してくれます。

また、フロロより比重も軽い。

結束は楽なノットで

その際、下巻きのナイロンラインと本線のPEラインの結束は、電車結びやオルブライトノットなどの簡易的に結べるノットを使います。

特に強度が必要な訳ではないので、出来るだけ時短となるノットでやります。

 

正直テープ固定でイイ気もしますが、ナイロンを下巻きにすることで、より確実に固定出来るはずなので…

より間違いないのはこっちかな、という感じです。

ベイトフィネスは?

 

しかしベイトフィネスなど、ラインキャパに余裕が無いリールの場合は、不用意に下巻きを入れることができません。

私は、素直にユニノットでループさせてから、テープを少し貼り付けて固定しています。

これで滑ったことはありません。

 

テープは、剥がした時にネバネバの残りにくい、マスキングテープを使っています。

 

スプールにピンバイスで小穴を開ける方もいらっしゃるみたいですね(*’▽’)

でもケチな私はリセールバリューを考慮して、出来ません(笑)

まとめ

以上、PEラインとスプールの滑り対策でした。

マジであの現象は焦ります..どのように対策されているか、皆様のご意見をぜひツイッタランド等で教えてください🎵

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です