リールメンテナンス、ダメ、ティッシュ。高い「非けばけば性能」を誇るキムワイプ性能試験。

スポンサードリンク

リールメンテナンスの時に普通のティッシュはダメダメ!

やっぱキムワイプっしょ!

プロ仕様ティッシュ、「キムワイプ」のけばけば残り度をチェックしてみました。

リールメンテにキムワイプ

リールメンテにおける三種の神器の1つ?キムワイプを試してみました。

楽天で購入したのですが、一箱400円というスーパーセレブティッシュです。

なぜキムワイプなのか?

けばけばが残りにくい仕様なので、精密な部品をお掃除するのに適した素材です。

普通のティッシュでやると、どうしてもけばけばが残ります。これがグリスやオイルと混ざってリール内に残り、トラブルの元になる可能性があります。

せっかくOHしたのに内部にゴミを残したくないですよね!

けばけば残り度チェック★

本当にキムワイプがけばけばが残りにくいかチェックしてみました。

ふつうのティッシュ

うん、やっぱり普通のティッシュだとけばけばがハンパない。

とくにウォームシャフトやドライブシャフトなど硬い金属パーツの細かい隙間にけばけばが残ります。

金属の硬さに負けて、ゴシゴシするとどんどん解体されてしまうんです。

キッチンペーパー

お次はキッチンペーパー。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です