【新製品】シマノ18ステラはビッグマイチェン!?10→14のときほど変わるのか。

スポンサードリンク

2018年新製品の中で最も注目度の高い、’18ステラ。

10ステラから14ステラへのモデルチェンジ時は、全くの別モデルへ進化していましたが、今度の18ステラはどうなんでしょうか。

変更点をまとめるとともに、新たなフラッグシップの進化度合を判定します。

18ステラ

 

現段階で分かっている仕様を列挙していきます。 SPEC表、気合を入れて作ったぜ!w

ただしエリアトラウト、バスフィッシングに関係しそうな1000番台~2500番台のみ抜粋。

(はみ出したところは横スクロール出来ます)

品番

ギア比   実用ドラグ力(kg) 自重(g) ナイロン糸巻量(lb-m) 最大巻上長 ハンドル長 ベアリング数
最大ドラグ力(kg) フロロ糸巻量(lb-m) (cm/ハンドル1回転) (mm) S A-RB/ローラー
  PE糸巻量(号-m)      
1000 SSSPG 4.6 2 165 (-15) 2-100,3-60 58 35 12/1
3 2-80,3-55
  0.3-120,0.4-90
1000 SSSDH 5.1 2 175 (-5) 2-100,3-60 64 38 14/1
3 2-80,3-55
  0.3-120,0.4-90
C2000S 5.1 2 170 (-10) 3-125,4-100,5-75 69 40 12/1
3 3-110,4-85,5-65
  0.6-150,0.8-110,1-80
C2000HGS 6.1 2 170 (-10) 3-125,4-100,5-75 82 45 12/1
3 3-110,4-85,5-65
  0.6-150,0.8-110,1-80
2500S 5.3 2.5 205 (-15) 5-110,6-95,8-70 78 50 12/1
4 4-130,5-100,6-80
  0.6-200,0.8-150,1-120
C2500HGS 6.0 2 180(-25) 5-110,6-95,8-70 81 45 12/1
3 4-130,5-100,6-80
  0.6-200,0.8-150,1-120
2500HGS 6.0 2.5 205 (-15) 5-110,6-95,8-70 89 55 12/1
4 4-130,5-100,6-80
  0.6-200,0.8-150,1-120

※sssはスペシャルシャロースプール、の意。夢屋スプールのみの用意だったスプールが標準装備された番手になります。

デザイン

14ステラはシルバー、ガンメタをベースにゴールドをアクセントに添えたゴージャス系でした。

 

その反動か、18ステラはシンプルでミニマルな感じに路線変更。

鏡面仕上げで素材の美しさを活かすデザインです。

 

スプールの穴は、縦長に。

 

10ステラ丸穴→14ステラ斜め穴→18ステラ縦穴という変遷をたどっていますね。

まあどんな穴ぼこでも別に構いませんがw

 

当たり前のように思いがちな装飾ですが、非常に高度な切削加工によって実現されているそうです。

個人的には、飽きなさそうで好感が持てるデザインだと感じました。

マイクロモジュールギアⅡ

 

スピニングリールでは、ヴァンキッシュとステラのみに搭載された「マイクロモジュールギア」。

ベイトリールには普及が進んできた技術ですが、スピニングリールに組み込むためには、より高い精度が必要という事で、上位2機種のみの搭載となっています。

 

18ステラには、さらに進化した「マイクロモジュールギアⅡ」が搭載されています。

よく、MMギアの巻き心地は「ぬめぬめ」と表現されたりします。

MMギアⅡを搭載した、18ステラはどんな「異次元ぬめぬめ」を感じさせてくれるのか。

ギア強度向上

精密冷間鍛造技術による「HAGANEギア」はさらなる強度UPを達成。

ギア強度の向上が図られ、全番手でXD(エクストラデュラビティ)と呼ばれる仕様になりました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です