シマノ SVS、SVS∞(インフィニティ)ブレーキの世代ごとの種類と特徴。

スポンサードリンク

SVSブレーキって世代ごとに何種類かあるんですね。

まとめた記事が無かったので、作成してみました。

SVS(旧SVS)

 

まずは、旧SVSです。ブレーキブロックがスプール外周に近い場所に付いていて、外側の壁に当たりブレーキ力を発揮します。

外部ダイヤルが無く、ブレーキシューのON/OFFのみで調整するため、細かいブレーキ調整が苦手です。

半面、ブレーキ力を設定した際に、事前にブレーキ力を想像しやすい。

バリバリ現役

結構古いブレーキユニットですが、現行リールでもそこそこ多くの機種で使われています。

 

バス用リールでは、

・バスワンXT

・カルカッタ

・’18カルカッタコンクエスト300&400

などに装備されています。

バスワンは、コストダウンの為でしょうか。

海水でも安定したブレーキ力を発揮

新型のSVS Infinityが、海水に弱いという噂があり、ソルトリールにまだまだ積極的に採用されている印象。(ジギングリールのグラップラーなど)

私はソルトでSVS Infinityを使い込んでないので、適当なことは言えないのですが…

ブレーキユニットの内部や、ブレーキパイプに海水が付くと、ブレーキ力が安定しないらしいです。

海水使用でも、安定したブレーキ力を発揮する旧SVSは、ソルトアングラーには根強い人気があります。

 

とはいえ、最近のリールはブレーキユニットに水が入り込まないような構造を採用し、シマノ公式のスタンスとしては、「もちろん海水でも大丈夫です!」という感じ。

2012年以降の、初代SVS Infinityブレーキ(赤い6シュー)

 
 

出典:雄蛇ヶ池 蛇の道は蛇 – バス釣りブログ(つかじーさん、画像お借りしました!)

2012年から、SVSインフィニティに進化します。初代SVSインフィニティと呼ばれているやつ。12アンタレスと、13メタニウムに採用されています。

(ただし厳密にいうと、12アンタレスと、13メタニウムのブレーキユニットは、ブレーキダイヤルに互換性がなく、すこし違うものらしい。)

 

旧SVSと同じく、ブレーキシューが6つですが、外部ブレーキダイヤルが新設されました。ブレーキのON/OFFは、ブレーキブロックを前後方向に押し込む方式です。

ブレーキ調整がピーキー?

ブロックのON/OFFと、ダイヤルによる設定のブレーキ力のかかり具合が直感的に分かりづらく、かえって設定しにくいというご意見も多いです。

(むしろこれが好きだった、というマニアな方もいらっしゃいますがw)

 

幅広い設定が出来ると思いきや、6つとも全てONだとブレーキが効きすぎて、6つONで使うアングラーは少ないです。

4ブロックのSVSブレーキに交換するサービスあり

こちらの初代SVS Infinityを搭載した13メタニウムのブレーキユニットを、次に紹介する、ブレーキブロックが四つになったSVS Infinityに交換してくれるSHIMANO公式サービスもあるようです。

ただしブレーキユニット単体での販売はなし!

2014年以降の、第二世代 SVS Infinityブレーキ(赤い4シュー)

 
 

2014年から、SVS Infinityは進化し、第2世代とも呼べる、ブレーキシューが4つになったタイプが発売されます。

’14カルカッタコンクエスト101や、’14クロナークCI4+などに採用。

ブレーキのON/OFFはブレーキブロックを左右へスライドさせます。

前述したように、初代SVS Infinityは、6つONで使うことはなく、最初からブレーキブロックは4つぐらいの方が良いような?という事で4つになりました。(多分)

異音が発生しがち

少し欠点がありまして、ブレーキパイプへの注油をおろそかにすると、キャスト時にビィーン!という異音が発生しがちです。

特に’14クロナークは異音がひどかった(^^;

2016年以降の第3世代 NEW SVS Inifinity(透明の4シュー)

 
 

’16年以降のリールで採用されるようになった、第3世代のNEW SVS Inifinityです。

ブレーキシューが4つで、透明のシューになったタイプ。シューのON/OFFが軽い力でパチッと操作できるようになりました。

’16メタニウムMGLや’18バンタムMGL、’19アンタレスなど様々なリールに採用。

とても調整しやすい!

ブレーキダイヤルが4つONでも、いままでのようにブレーキが効きすぎるという事がなくなったうえ、ちゃんとブレーキが効いてくれます。

外部ダイヤルのみでかなり幅広いルアーウェイトに対応できる。

 

また、前述した第2世代のSVSブレーキユニットでは異音問題があったのですが、それも発生しにくいように思います。

 

素晴らしい進化を遂げた最新のSVS Infinityです。個人的にかなり完成度が高まった印象です!

おまけ シマノのマグブレーキ

シマノのマグブレーキを紹介します。

バスライズに搭載されたイージーマグ

 
 

最廉価リールであるバスライズは、なぜかイージーマグと呼ばれるマグブレーキです。

ダイヤルを回転させると、サイドプレート内に設置されたマグネットがせり出してスプールに近づき、ブレーキ力が調整されるシンプル極まりない作り。

SVSとは違って非接触型のブレーキユニットなので、抜けるようなキャストフィールが味わえます(笑)

アルデバランBFSに搭載されたFTB(フィネスチューンブレーキシステム)

 

小型ルアーのキャスト性能に特化した、FTB(フィネスチューンブレーキシステム)。アルデバランBFSと、カルカッタコンクエストBFSに採用されています。

スプールにブレーキユニットが付かなくなって軽量化出来るため、5g以下の軽量リグでもストレスなく吹っ飛んでいきます。

DCブレーキもあるよ!

シマノのブレーキユニットには、ほかにも電気仕掛けのDCブレーキもありますね!

最新の系譜は、アンタレスDC系統のリールに搭載されたNEW 4×8DCや、メタニウムDCやスコーピオンに搭載されたI-DC5ですね!

旧型は、I-DC4です。(08メタマグDCとかに搭載されてるやつ)

I-DC+という、DCブレーキなのにDC音がしないという不思議なやつもありました。(11スコーピオンDCに搭載)

まとめ

以上、シマノのSVSブレーキの種類についてでした。

正直、ちょっとごちゃごちゃになっていたので、整理出来てすっきりしました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です