’19 ストラディック出るってさ。MMギアの普及化スピニングでも進む。

スポンサードリンク

’19 ストラディックがシマノHPでシレっと発表されました。

進化ポイントはさまざまですが、個人的にはマイクロモジュールギアⅡの搭載が最大のトピックです。

新星ストラディックの進化ポイントをまとめます。

シマノ ’19 ストラディック

 

 

まだありました、シマノの2019年NEW モデル。再注目のミドル機種、’19 ストラディックがリリースです。

あえて新製品ラッシュの時期にだんまり決め込んで、ここにきてリリースするというのは話題に事欠かない為の施策でしょうか。

なんにせよ、台数的にもっとも多いと予想されるミドルクラスのフルモデルチェンジという事で、注目度が高まります。

 

細かいスペックは公式HPを参照していただく方が早いので割愛いたしますが、個人的な注目ポイントをご紹介したいと思います。

購入しました

’19ストラディックのインプレです。新時代のスタンダードモデルと言える素晴らしい出来でした。

マイクロモジュールギアⅡ

 

マイクロモジュールギアの民主化が、スピニングリールでも一歩進みました。

これまでスピニングリールでのマイクロモジュールギアは、限られた上位機種のみの特権であったはずが、ついにミドルクラスのストラディックにも搭載されたのです。しかもマイクロモジュールギアⅡ、との事。

ベイトリール界でも、実売2万円を切るスコーピオンMGLにマイクロモジュールギアが搭載されましたよね。

MMギアのヌメヌメ感が大好きなので、非常に喜ばしい事態です。

ロングストロークスプール

 

18ステラ、19ヴァンキッシュで採用されたロングストロークスプールの採用も、かなりの注目部分。

これも高級機種だけの特権ではなかったのね。飛距離UP、ってヤツです。

 

中級機種の攻めっぷりに、思わず上級機の存在価値が危ぶまれるのではないか、という思いすら芽生えます。

とはいえやっぱり上位機種ならではの使い心地や性能はあるはずなのですが、装備面についてはかなり追いついたという印象です。

気になる自重は…?

当然のことのように、自重は旧モデルよりも軽くなっています。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です