シマノ バンタム274Mのフィーリングは磯竿だった。

スポンサードリンク

バンタム274Mを触りました。

「パワーフィネス」に使えそうなロッドという事で、いつか触ってみたいと思っていた番手です。

強いスピニングロッドでありながら、「柔」を上手に取り入れたロッドで極上のフィーリングでした。

バンタム274M

試投会レベルでそのロッドの事を語るのもどうかと思うのですが、まあひとつネタという事で書いてみます。

バンタム274Mという番手がありまして、ずっと気になっていたモデルだったんです。

ファイナルディメンションの274Mという名竿があって、その後継という事でリリース。奥田学氏のリーサルウェポンとして紹介されている一本です。

ロングスピン

7フィート4インチというスピニングロッドとしては最長級のレングスで、パワフルさや、遠投性能が特徴の一本。

唯一無二のフィーリング

試投してまず思ったのは、「パワーフィネス」というキーワードから想定されるよりも柔らかいという点。

キャストフィールが非常にしなやかなフィーリングです。

かなりムチのようにしなるので、ルアーの重さをロッドに乗せやすい。

ロッドのパワーでかなり遠くにルアーを飛ばせますね。

垂らしを長めにして、スイングスピードをゆっくり目、しっかりとタメて投げたとき、スイートスポットに入ります。

スイートスポットに入ったときの飛距離の出方は異様な感じでした。逆風時とかめっぽう強い感じですね。

磯竿みたい

 
 

個人的な感想ですが、磯竿のようなフィーリングだと感じました。

「磯竿のような」ってかなりファジーな表現なんですけど、長くて全体的に良くしなる感じ、とでも表現しましょうか。

うまく伝わるか微妙なんですけど、いかにも長尺ロッド、というタメの効いたいい意味でのダルさというか。

これまで触ったどのバスロッドとも違う感触でした。

上質なダルさ

でも単に柔らかいだけじゃなくて、全く破綻してなくて、上質にまとまっているんですね。

しなやかなんですけど、ねじれとか不安感とかは無いんです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です