シマノ ’17コンプレックスCI4+ 【長期インプレ】。ドラグ良し、見た目良しなバス専用モデル。

スポンサードリンク

シマノ ’17コンプレックスCI4+を購入後、2年ほど使い込んだインプレです。

魚も何本か掛ける事が出来ました。

ベースモデルとなる、’16ストラディックCI4+との違いをシェアします。

シマノ ’17コンプレックス CI4+ C2500S F4 HG インプレ

シマノ リール 17 コンプレックスCI4+ C2500S F4 HG

シマノ リール 17 コンプレックスCI4+ C2500S F4 HG

24,637円(01/29 00:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
 

SPEC

モデル 17 COMPLEX C2500S F4 HG
ギア比 6.0:1
スプール寸法(径mm/
ストロークmm)
43/14.5
実用ドラグ力 2.5kg
最大ドラグ力 4kg
最大巻上長 81cm
ライン
キャパシティ

ナイロン 4-110、5-90、6-70

フロロ 3-130、4-100、5-80

PE 0.6-180、0.8-110、1-90

リール重量 180g
ハンドル長 45mm
ベアリング
ボール/ローラー
9/1 

シマノのスピニングリールの中で、唯一「バス専用」モデルとしてリリースされている’17コンプレックスCI4+

現行モデルは、’16ストラディックCI4+がベース。実際にバスフィッシングで2年ほど使い込みましたのでインプレです。

モデルラインナップ
  • C2500S F4
  • C2500S F4 HG
  • 2500S F6
  • 2500S F6 HG

の4種類がラインナップされており、私がチョイスしたのはC2500S F4 HGとなります。

「F4」や「F6」の意味

番手 ラインキャパ(フロロ) スプール径/ストローク
C2500S F4 4lb-100m 43/14.5
C2500S 5lb-100m 43/14.5
2500S 5lb-100m 46.5/14.5
2500S F6 6b-100m 46.5/14.5

「F4」や「F6」という番手は、COMPLEX特有の言い回しです。

ベースモデルのストラディックCI4+のC2500S、2500Sとの違いを比較してみると、スプール寸法(径mm/ストロークmm)は同じ

違いは、ラインキャパで、F4はベースのC2500Sよりも浅溝(5lb-100m→4lb-100m)、F6はベースの2500Sよりも深溝(5lb-100m→6b-100m)になっていますね。

ディティール

 

ベースモデルのストラディックCI4+との比較。

 

ボディ部はほぼ共通です。

俯瞰&自重

 

全体の俯瞰&自重です。公称値は180gとなっています。

上位機種である、’16ヴァンキッシュC2500HGSが175gですので、ほぼそこに迫る軽量設計ですね。

 

デザインは、シマノHPで受ける印象よりも、全体的にダークなグレー&ブラックでまとまっています。

スプール自重

 

スプール自重。

スプール切削加工

 

スプールの切削加工は縦に入っています。

ダブルアルマイトなどの意匠はなく非常にシンプルで、高級感はあまりないかも。

ローター自重

 

ローター自重。素材は、CI4+(カーボン繊維を混ぜ込んだ、樹脂。)

マグナムライトローターならではの軽さです。

ラインローラー

 

出荷状態ですと、ラインローラーの回転感覚はやや粘り気があって重たい感じがします。

少しサラサラなオイルに変更して、チューンしたいところ。

ベール

 

ベールはチタン製で、黒いアルマイト。つなぎ目や段差のない「ワンピースベール」を搭載しています。

ベールに起因するトラブルは皆無ですね。

ドラグノブ

 

ラピッドファイアドラグ。

他機種と比べ、少し回すだけで大きくドラグ調整をする事が可能で、「ドラグのハイギア」とも呼べる機構です。

 

感覚的には、他機種の1.2倍〜1.5倍ぐらいで、最初はドラグ力を変えすぎてしまうという感覚もありますが、慣れると素晴らしいですね。

1クリックあたりのドラグ力の変化が大きいという事になるのですが、繊細なドラグ力調整が出来なくなっている訳ではないのが不思議なところ。

 

ちなみにドラグ音は、簡素な「チチチチ…」という乾いた音。ストラディックは「チンチンチン…」とちょっと金属感のある音質。

聴こえ方は人それぞれですが、参考までに。

参考:’16ヴァンキッシュのドラグノブ

 

また、ドラグノブのデザイン面はスッキリとしたデザインで、個人的に非常に好みです。

参考までの’16ヴァンキッシュのドラグノブのデザインです。少し派手目な意匠。

MADE IN マレーシア

 

MADE IN マレーシア。

エクスプライド 263L-S

合わせているロッドは、’17エクスプライドの263L-Sです。

ストラディックCI4+と違うのか。

 

使いこんだ結果、’17 コンプレックスCI4+の基本的な使用感は、ベースモデルである’16ストラディックCI4+と極めて似ている、という感じがします。

ベースモデルなので、当たり前っちゃ当たり前ですが…

自重も同番手なら同じなので、差はありません。(CI4+製ハンドルによる軽量化はベアリング追加やラピッドファイアドラグ機構によって相殺されています。)

差を感じる部分

…ただし、ドラグ以外!

両社にもっとも差があるのは、ドラグ性能です!

ラピッドファイアドラグの使用感

まず、「ラピッドファイアドラグ」の使用感。先述したように、イメージとしては「ハイギアなドラグ」という感じ。

「ドラブノブの回転数に対するドラグ力の変化が大きい」事はしっかり感じ取れて、スピード感のあるドラグ調整が可能です。

ただし、慣れないと締めすぎ&緩めすぎに注意が必要。

リジットサポートドラグ

スプール支え上部のベアリング

スプール支え上部のベアリング

 
スプール支え下部のベアリング

スプール支え下部のベアリング

 

それと、リジットサポートドラグ

 

写真のように、スプールを上部、下部の2つのベアリングで支えているのがリジットサポートドラグで、非搭載機種と比べて、ドラグのスムーズさが全く違います。

スプールのマウントがベアリングになっている事でスムーズなドラグ能力を発揮。また、スプールの横方向のブレが少なく、回転の精緻感が増しています。

 

一方で、’16ストラディックCI4+はスプールのベアリングが無し。(’16ストラディックCI4+の最大の弱点といっても良い)

スプールを支えるベアリングが2個or0個、という差は少なからずあります。

 

しかも、スプールの構造自体が違うため、上部にベアリングを入れることが出来ず、ベアリング追加カスタムでは追いつけない差が有ります。

 

ベールアームの角度が微妙に違う

上写真で伝わるか微妙ですが、両者では、ベールアームの角度が微妙に違います。

 

’17 コンプレックスCI4+の方が、ベールから生えたベールアームの「曲げの角度」がキツく、上を向いています。

一体これがどのような効果を生み出すのか、ちょっと分かりかねるのですが、明らかに角度が違うので、個体差というレベルではないはず。

 

推測にすぎませんが、フロロカーボンに向いたセッティングになっている、とかそういう事かも。

そしてベールを開いたときの感触も若干違う。まあこちらは個体差かもしれません。

お得感は凄い

 

ドラグ周りの充実装備を考えるとかなりお得なリールです。

CI4+製のハンドルだけでも余裕で差額の元が取れますし、さらにラピッドファイアドラグ、リジットサポートドラグ(スプール支持ベアリングの追加)も追加されお得感が高いです。

(しつこいようですが、特にリジットサポートドラグはスプールの構造から違う。)

CI4+製 ハンドル

左)'17コンプレックスCI4+ 純正ハンドル 右)’16ヴァンキッシュCI4+ 純正ハンドル

左)’17コンプレックスCI4+ 純正ハンドル 右)’16ヴァンキッシュCI4+ 純正ハンドル

 

 

17コンプレックスCI4+は、’16ヴァンキッシュ譲りのCI4+カーボンハンドルを装備しています。

(全く同じものだと思ったのですが、それぞれ自重を計測したところ、なぜかヴァンキッシュ用の方が0.1g軽かったですが…)

 

単体で販売してないのかな?と思ったら、ヘッジホッグスタジオさんで購入可能。

 

’16ストラディックCI4+の金属製の純正ハンドルより重量が軽く、ポン付けで5g前後の軽量化が見込めます。

ただし、まあまあいいお値段。1万円はちょっと高すぎますね(汗

 

35㎜/40㎜/45㎜/50㎜/55㎜と多彩なラインナップで、用途に合わせてハンドル長を変える事も可能。

ちなみに17コンプレックスCI4+の純正のハンドル長は以下のようになっています。

C2500S F4 45mm
C2500S F4 HG 45mm
2500S F6 50mm
2500S F6 HG 55mm

私のコンプレックスは、C2500S F4 HG なので45㎜のハンドルです。

まとめ

 

コスパ重視なら16ストラディックCI4+、予算に余裕があるならば、ちょっとの差額でお得な気分を味わえるコンプレックスCI4+をチョイスするのが良さそうです。

5000円ぐらい価格差があると思っていたのですが、3000円ぐらいの差…やっぱりコンプレックスお得かも。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

※あ、ちなみにハンドルノブのベアリングも1個追加されています。(ストラディックCI4+は1個)

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です