シマノ ’18アルデバランMGLは’違いのわかる男’用?BFSユーザーから見たMGL。

スポンサードリンク

‘18年のシマノ新製品、アルデバランMGL。

’15アルデバランに浅溝マグナムライトスプールが載った「30番台」のリールです。

30番台ってどんなサイズ感?気になるスプール重量は?

’16アルデバランBFSユーザーから見た’18アルデバランMGLの存在意義を考えます。

シマノ 18アルデバランMGL 30

 

 

Spec

 

SPECリストは、sabuismさんが作成してくださったので、拝借いたします(*’ω’*)

’16メタニウムMGLに搭載され、すこぶる評判の良い「マグナムライトスプール」を浅溝化し、’15アルデバランに搭載したのが、18アルデバランMGLです。

ラインキャパは、8lb-100m。スプールサイズはシマノ初の30番台。

軽量ルアーに適した’15アルデバラン50/51の正常進化版のリールとなります。

ラインキャパ一覧

30番台というラインキャパがいったいどのくらいなのか、直感的に把握しにくいので、表を作ってみました。

上からラインキャパが多い順です。分かりやすいように、すべて8lb表記としてみます。

16メタ二ウムMGL 8lb-150m
15アルデバラン 8lb-125m
18アルデバランMGL 8lb-100m
16アルデバランBFS 8lb-45m

表記されていないラインキャパを算出する方法として、SHIMANO公式で以下の計算式が掲載されていました。

例:PEライン3号150m巻きのリールにPE1.5号を巻いた場合の糸巻き量は

3(号) × 150(m) = 450  

⇒  450 ÷ 1.5(号) = 300(m)

 

つまり、12lb-100mの16メタ二ウムMGLに8lbラインを巻くと想定すると、

12lb × 100m = 1200  

⇒  1200 ÷ 8lb = 150(m)

という事になります。

 

まあ実際は16メタ二ウムMGLに8lbラインを巻くという事はあまりないと思いますがw

「30サイズ」がどの程度のラインキャパなのか、ざっくりと分かると思います(‘ω’)ノ

スプール重量

 
15アルデバラン 10.5g(BB無し、出典:ヘッジホッグスタジオ
18アルデバランMGL ??g
16アルデバランBFS 7.2g(BB無し、メーカー公称値)

さて、次に気になるのは、マグナムライトスプールに進化したアルデバランMGLのスプール単体重量が、どのぐらいで仕上がってくるのか、という点。

 

当然ながら公称値などまだ無く、想像の域を出ませんが…

・’15アルデバランのノーマルスプールの自重が10.5gとすでにかなりの計量設計となっている事

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です