‘16ヴァンキッシュC2500HGSインプレ。コンプレックスCI4+との動的質感の差

スポンサードリンク

シマノ ’16ヴァンキッシュC2500HGSのインプレです。

下位機種である、コンプレックスCI4+との動的質感の差をまとめました。

シマノ ‘16ヴァンキッシュC2500HGS インプレ

 
シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 ヴァンキッシュ 2500HGS

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 ヴァンキッシュ 2500HGS

89,617円(08/04 22:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

名機と名高い’16ヴァンキッシュのインプレッションです。私が購入したのは、C2500HGS。

1年以上使い込みました。

SPEC

モデル ’16 Vanquish C2500HGS
ギア比 6.0:1
スプール寸法(径mm/
ストロークmm)
43mm/14.5mm
最大ドラグ力 4kg
最大巻上長 81cm
ライン
キャパシティ

ナイロン 5-110,6-95,8-70

フロロ 4-130,5-100,6-80

PE 0.6-200 0.8-150 1-110

リール重量 175g
ハンドル長 45mm
ベアリング
ボール/ローラー
11/1 

ディティール

 

全体の俯瞰図。シルバー×ゴールド×ネイビーのカラーリング。

 

ヴァンキッシュ、ステラのみに許されたチタン製ベール。ゴールドのアルマイトが目を引きます。

 

ラインローラー部。’16ヴァンキッシュの欠点としてよく言われているのが、このベアリング一体型のラインローラーの不具合(異音など)が起こるということです。

しかし、1年半程使い込んだ私の個体では決定的な不具合は生じていません。淡水オンリー(バス釣り)の使用ということも影響しているかもしれないですね。

 

ドラグノブのデザイン。少し派手目なデザインですが、操作感覚は非常に優れています。

 

ネジの露出が少ないボディ。高級機種ならではの意匠です。反対側のフタ部分も含め、全てマグネシウム合金製

マグネシウム合金はベイトリールで言えば、メタニウムMGLやアルデバランMGLなどで採用されている金属です。

アルミ合金に比べ非常に軽く仕上がりますが、加工難易度が高いため、高価になる素材です。

 

ローターには、マグナムライトローターの刻印。CI4+と呼ばれる、カーボン繊維を混ぜた樹脂素材で軽量化。ストラディックCI4+なんかと同様の仕様ですね。

ちなみにステラのローター素材は、マグネシウム合金かジュラルミン製(番手によって違う)ですので、大きく違う部分。

軽量化や、巻き出しの軽さを重視した「クイックレスポンスシリーズの最高峰」という性格が設計思想に表れています。

 

ローター自重です。

 

スプール支え部分にはベアリングが仕込まれており、シマノが「リジッドサポートドラグ」と呼んでいる機構ですね。

スムーズなドラグ滑り出しです。ミドルクラスのリールはここが白いカラーに置き換わっています。

 

スプールの自重です。

 

ゴールドのアルマイト加工が施されたスプールは高級感がありますね。

 

スプールの切削加工は斜めに入っています。

また、ラインストッパーは白いプラスティックカラーが入ったシマノお馴染みのやつ。(白いカラーは外しちゃダメです)

 

CI4+素材を採用したハンドル。軽量かつ、カーボン繊維の質感が非常にかっこいいですね。

折りたたみ機構が無いため、ガタツキとは無縁の素晴らしい使用感です。

 

高級機種のみに許された、MADE IN JAPAN。

コンプレックスCI4+との違い

 

「巻き心地すげー!」とか書いてみても、そりゃそうだろ。的な感じになってしまうので、下位モデルであるコンプレックスCI4+と比較して、その質感の良さを検証します。

巻き心地

 

下位モデルと比較したときに、一番差がつくのは巻き心地。マイクロモジュールギアは素晴らしいですね。

コンプレックスCI4+が決して悪い訳じゃないですが、ヴァンキッシュの後に触ると不思議とザラついて、知らなきゃ良かった的な感じ。

シルキーな巻き心地は違和感を感じやすく、シャッドなど小型プラグを巻く釣りにも非常に適しています。

 

また、シマノベイトリールのマイクロモジュールギアでよく言われる、グリス切れ時の急激な巻き心地の劣化、という現象は、起こっていません。

おそらくスピニングリールの方がギアボックスの機密性が高いからだと思っています。つまり、スピニングリールのマイクロモジュールギアは、デメリットが少ないですね。

 

クイックレスポンスシリーズならではの、巻き始めの軽快感も非常に優れています。スッと軽い力で動き始めてくれる。

とは言え、私のヴァンキッシュはハイギア仕様のため巻き感はやや重ためで、少し相殺されている印象もあります。

高い組み付け精度

 

そしてベールを返したきや、巻き始めたときのかっちり感、など各部から感じる動作の質感もワンランク上

たぶん組み付けを丁寧にやってるんだろうな〜。そう言う感じの高級感。JAPAN MADEは伊達ではないですね。

剛性感もGOOD

 
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥37,620 (2020/08/04 22:42:11時点 Amazon調べ-詳細)

ボディ素材にフルでマグネシウムを採用しており、剛性感は非常に高いレベル。軽いのにかっちりしてます。

PE1号と、バンタム267MLというやや硬めのスピニングロッドに合わせ、パワーフィネス的使用をしました。

カバー周りにスモラバやノーシンカーワームでアプローチし、掛けたらカバーに巻かれないように、フルフッキング&ゴリ巻きですぐに引き剥がす必要のある釣りです。

PEラインと合わせて、非常にリールに負担がかかる釣りだと思いますが、全く問題なし。

ここは、やはりCI4+製(樹脂にカーボンを混ぜた素材)のリールと比べて、アドバンテージのあるところだと思います。

ドラグ性能

 

ドラグ性能も非常に優れています。私はバスだけではなくエリアトラウトも嗜むのですが、2.5lb〜3lbといった細糸ナイロンでも不安感が少ない。

やはりリジッドサポートドラグ(スプール上下の支えにベアリングを配置)機種のドラグ性能は、非常に素晴らしいですね。

ドラグ音はキンキンとやや甲高い音質ですが、うるさ過ぎず、適度な感覚で気持ちいいです。

飛距離

キャスト飛距離に関しては、コンプレックスCI4+やストラディックCI4+と比較して、特に優れているというわけではありません。

美しい

 

ゴールドの配色は好みの別れるところですが、個人的には決してやりすぎてない感じだと思いますし、ネイビーとの組み合わせが非常にエレガントな印象です。

こいつ…カッコよすぎるぞ。美しすぎるぞ。所有欲を満たしてくれて、満足感はハンパないです。

ヴィッツとマークXぐらい違う

コンプレックスとヴァンキッシュの違いを車で例えると、ヴィッツとマークXぐらい格が違う感じです。ヴァンキッシュは、ハイソな高級セダンですな。

ただ。コンプレックスにはコンプレックスの良さが有り、コンプレックス使えねー!とかそこまではいかない感じです。

欠点

ベタつくハンドルノブ

 

欠点らしい欠点はまだ見つかってないですが…強いて言えばハンドルノブの形状です。

コンプレックスも同じですが、ここだけ野暮ったいし、あのシマノ特有のノペッとしたベタ付く素材です。

高速回転させた時のノイズ感

新型の’19ヴァンキッシュと比較すると、スプールを高速回転させた時のノイズ感がやや大きいように感じます。

ノイズ、という程ではないのですが、シャーシャーとした回転音が少し大きめ。

とはいえ、’19ヴァンキッシュがあまりにも無音すぎるということもありますし、他のリールと比べれば非常に静かではあります。

また、通常ルアーをリグった状態では巻かないような高速回転をさせた時の話です。

’19ヴァンキッシュ インプレ

新型の’19ヴァンキッシュのインプレです。

さらなる軽量化を推し進めた新型ですが、質感はむしろ’16ヴァンキッシュの方が上だったかもしれません。

総評

総評すると、コンプレックスクラスのリールと比較すると、あらゆる面でワンランク上質で、価格分の違いを十分に享受出来るレベルです。

 

また、新型の’19ヴァンキッシュと比較すると、圧倒的な軽量感や、静粛性は’19ヴァンキッシュが当然上回っています。

でも、必ずしも’19ヴァンキッシュにこだわる必要はなく、中古で質の良いタマがあれば’16もまだまだ十分以上に現役ですし、素晴らしいリールです。

まとめ

以上’16ヴァンキッシュのインプレッションでした。間違いなく満足度高いです。

でもコンプレックスも、それはそれで価格以上の価値があるので、コンプレックスにしても後悔はしないと思います。

ただ、さらなる満足感が欲しければヴァンキッシュ、という感じですね。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 ヴァンキッシュ 2500HGS

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 ヴァンキッシュ 2500HGS

89,617円(08/04 22:42時点)
Amazonの情報を掲載しています
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です