シマノ ’20ゾディアスdebut!キンキンのカーボンモノコックグリップ採用でU2万円最高感度か。

スポンサードリンク

やっぱり出たシマノ ’20ゾディアス!

カーボンモノコックグリップ採用でエントリーグレードの常識を変えるやばいやつです。

シマノ ’20ゾディアス 進化ポイントまとめ

 
 
※画像は黒田プロのブログからお借りしています。
 
  • カーボンモノコックグリップを採用
  • カーボンモノコックグリップ化によって軽量化と感度UP
  • 平均10%程度の軽量化
  • スピニングのリールシートは新規リールシート
  • ラインナップは1ピース、2ピース合わせて30機種

カーボンモノコックグリップといえば、ポイズンアドレナ、ポイズングロリアス、アルティマなど高価格帯のロッドのみで味わえた技術。

リアグリップが空洞になっており、金属的な感度を実現するグリップです。

 

ついに低価格帯のゾディアスに搭載してしまいました。

 

新旧比較。

 

リールシートはCI4+製。「CI4+」の記載がなくなり、ZODIASのロゴが記載されていますね。

フードナットも縦基調のアルマイトから斜め基調に。イマドキのヤングアングラー向けデザインといったところでしょうか。

質感が上がっていそうな感覚です。

 

また、グリップエンドにモデル名とカーボンモノコックグリップ、HI-POWER X、CI4+の刻印が。

すぐにモデルを識別するための配慮という事ですが、とにかく見た目がカッコイイですよね。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です