シマノ ’20メタニウムてんこ盛りスペック。ガチの上位機種キラーや。

スポンサードリンク

ついにシマノ新製品情報が解禁されました。

’20メタニウムMGLが、てんこ盛り過ぎてハンパないですね。

シマノ ’20 メタニウムMGL

 

黒田プロの記事のリンクになります。

黒田プロのブログからほぼそのまま画像転載しただけのいわゆる2次情報、3次情報的な記事ですが、やっぱり20メタニウムのリリースについては記事を書かずにいられない!と言うことで書かせていただきます。

 

まずはお時間のない方のために、進化ポイントをさっとまとめました。

  • マグネシウム合金製のコアソリッドボディ(バンタムMGLのコアソリッドボディはジュラルミン(アルミ合金)製)
  • コアソリッドボディの採用によってコンパクト化し、パーミング性能UP
  • 19アンタレスと同じMGLⅢスプールを搭載(スプール幅19mmのナロースプール)
  • ラインキャパは12lbー100m。シマノ70番スプール
  • 夢屋から30番(8ポンド100メートル)の別売りスプールが発売予定
  • ブラス製のメインギア(’16メタニウムはジュラルミン製)
  • 重たいブラス製のメインギアを搭載しながら、175gと’16モデルと同等の自重
  • ギア比はノーマル(6.2:1)、HG(7.1:1)、XG(8.1:1)の三種類。

 

 

美しすぎる、マグネシウム合金製のコアソリッドボディ。

 

左がバンタムMGLのコアソリッドボディ、右が’20メタニウムのコアソリッドボディです。

 

16メタニウムと比較し、コンパクトに仕上がっています。

 

19アンタレス譲りのMGLⅢスプールを搭載。

 

’19アンタレスと比較すると、シャフトが違うため互換性は無いそう。しかし基本スペックは同等。

 

巻き心地や耐久性が向上する、真鍮製のメインギア。(右)

 

メインギアの重量UPは、スタードラグのCI4+素材化などで補っています。(’16メタはジュラルミン製)

 

黒田プロのブログの謳い文句をそのまま使わせていただくと、

バンタムと同じ剛性感(コアソリッドボディ)
アンタレスと同じ飛距離、キャストフィール(MGLⅢスプール)
カルカッタと同じ巻き心地(ブラスギア)

と言う激ヤバなリールらしいっす。無敵すぎないかい?

アンタレスとカルコンが心配になる内容です。

 

とはいえ、自重は軽ければ軽いほど良いと言うことでもないですし、’19アンタレスの活かしどころが残っていることを期待します。

それでも、やはりこのスペックは超絶魅力的ですし、どうもシマノの他のリールを喰ってしまう気がしてならないです。

まとめ

想像をはるかに超えてきたシマノ ’20メタニウム。

週末の釣りフェスティバルでべっとり触ってきたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

真鍮ギアの’16メタニウムMGLの作り方!(謎)

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です