ワークマン WindCoreヒーターベスト(電熱ベスト) レビュー。[防寒2.0]時代の到来。

スポンサードリンク

ついに、電熱ベストを導入いたしました。

ワークマンのWindCoreヒーターベストです。その使用感をまとめました。

ワークマン WindCore ヒーターベスト(電熱ベスト) レビュー

ワークマン WindCore ヒーターベストのレビューです。電熱ベストですね(^.^)

電熱ベストとは、電気の力で発熱するベストの事です。

 

今回入手したワークマンの「ヒーターベスト」の他にも、プライムダイレクトの「スピードヒート」、マキタの「暖房ベスト」などがあります。

その他、Amazonで中華製電熱ベストも多数売られていますよね。

私がAmazonの中華ベストではなく、ワークマン製にした理由は、ワークマンで販売されているため、品質に安心感があるからです。

 

ライダーやアウトドアを嗜む人々にとってはよく知られていて、昔からあるアイテムですが、バッテリーの進化などによって低価格化が進み、より多くの人が着用するようになりました。

ディティール

 

今回購入したのはMサイズ。このヒーターベストに限らず、ワークマンのサイズ感は表記と比べかなり小さめの作り。

正直、ちょっとサイズ選びミスりました。前のジップを閉めると結構タイト(汗

(私は身長166センチ、体重65kgと比較的小柄です)

 

とは言え、アウターの中にインナー的に着るのが良いと思うので、やや小さめサイズを選んだ方が良い気はしますが、それでも小さすぎた笑

試しに妻に着てもらったらちょうど良い塩梅でした。

 

デザイン的にはシンプルなインナーダウンといった風貌で、まあ悪くないと思います。

そして、アウターの下に隠れるので、デザインが気に食わなくても問題ないですね。

 

マテリアルは、防風、撥水仕様仕様とのこと。

バッテリー付き

 

ワークマンのヒーターベストの良いところは、バッテリー&充電器が付属な点。(だいたい、多くの中華製ヒーターベストはバッテリー別売り)

セットで税込9,800円はライバルと比べてもかなり安価だと言えます。

また、モバイルバッテリーをどれにしようかな、と選ぶのが面倒だったので嬉しいですね。なるべく思考停止でお買い物したい派です。

 

バッテリーの重さは、127g。右側のポケットに格納するのですが、重さはほとんど気にならないレベル。

ON/OFFスイッチもあり、直感的に操作が分かりやすいです。さらに、バッテリー残量のインジケーター付きなのも良いですね。

 

右側のポケットに、バッテリー用のポケットが2重で仕込まれており、マジックテープでバッテリーを格納する仕組み。

なお、ポケットにはジップは無し。

タグ

 

下部には「ウィンドコア」ロゴのタグが付いています。

 

首元にも「ウィンドコア」のロゴ。こちらは「再帰反射」と呼ばれる、車のライトに反射するロゴマークになっています。

ワークウェアブランドらしい仕様ですね。

 

裏地はこんな感じ。一般的な化繊のジャケットの裏地、といった雰囲気。

3段階調整機能

 

胸に配置されたボタンを押すことで、出力を3段階調整することができます。

  • 赤[高温](50℃)
  • 白[中温](45℃)
  • 青[低温](40℃)

シンプルで分かりやすいですね。

 

胸ポケットは斜めに配置。ものが取り出しやすいような配慮でしょうか。ジップ仕様。

背中と腰

 

パッケージの写真の様に、首元と腰の部分にヒーターが仕込まれています。

ヒーターユニットで温められる面積は、首元の部分が拳1つ分、腰の部分がホッカイロ1枚分といったところ。

正直、パッケージのイメージ写真ほどは広くないです。

現場レビュー

 

先日、エリアトラウトで半日程度着用したのですが、まあ温かいです。

気温は0℃〜5℃といったところで、南側に山があり日あたりが非常に悪く、午前9時頃まで忍耐の続くフィールドです。

いつも6時〜9時の時間帯は本当に辛いのですが、寒さを和らげてくれる印象です。

もう無しは考えられん…と言うレベルですね。

バッテリーの持ち時間について

肝心な電池の持ち時間ですが、

  • 赤[高温](50℃)モードで4〜5時間
  • 白[中温](45℃)モードで6時間
  • 青[低温](40℃)モードで17時間

ぐらいです。

正直、高温〜中温を多様すると、丸一日は持たないですね。とはいえ、朝イチと夕方の寒い時間帯をカバーしてくれるぐらいは持ちます。

また、高温モードは結構背中がむず痒くなるぐらい熱くなるため、メインは中温〜低温モードでの運用になります。

そのため、さほど電池持ちが悪いと感じるようなことはありませんでした。

デメリット

バッテリーのインターフェースが汎用性低い

 

バッテリーとベスト本体を接続するインターフェースが、汎用性の低い丸端子です。

多分、往年のポータブルCDプレイヤーの電源ケーブルとかにあった様なやつです。

 

予備のモバイルバッテリーを用意して使おうと思っていたのですが、変換ケーブルが必要そうですね。

USB仕様の方が使い勝手がいいと思います。

前側にヒーターなし

前側には一切ヒーターは仕込まれておらず、背中側からの温めとなります。

とはいえ十分に暖かいのですが、欲を言えば前側にも欲しいところ。

やや局地的

温まる箇所が、やや局地的なのも気になりました。

ヒーターの面積がもう少し広いと良いですね。

品切れ状態

現状、品切れで予約販売でしか入手出来ません。半月ほど前に、予約開始のタイミングで即予約してようやく手に入りました。

公式HPのヒーターベストのページをたまにチェックすると、次回の発売日がアナウンスされる感じです。

おそらく欲しい人めっちゃいると思うし、もっと沢山作っていただけると助かりますね。

まとめ

以上、ワークマン WindCore ヒーターベストのレビューでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー