ニクワックスでゴアテックスを洗おう!レインウェア自宅メンテナンスやってみた。

スポンサードリンク

レインウェアやハードシェルジャケットのお手入れってどうしてますか?

雨の日に濡れて、乾燥させてそのまま…なんて場合も多いかもしれません。

でも、本当はお洗濯したいですよね。

「GORE-TEX」「洗濯」でググると出てくる、「ニクワックス」を試してみました!その効果をシェアします。

ニクワックス

まずはニクワックスってなんやねん!ってお話から。

端的に言うと、イギリス製のレインウェア用洗濯洗剤です。

 

なんでも、普通の家庭用洗濯洗剤でGORE-TEX製品を洗ってしまうと、洗剤のカスが繊維に残ってしまうらしく…

GORE-TEXの特徴の一つである、高い透湿性能を保持できなくなるとか。

なので、ニクワックスで洗濯しようぜ、ってことらしいです。

 

2剤方式!

ニクワックス君、2剤に分かれています。

 

「洗剤」である、1剤の「テックウォッシュ」。

 

そして「撥水剤」である2剤の「TXダイレクト」。

 

テックウォッシュで繊維にカスを残さずに洗い、TXダイレクトで撥水効果を高める!ってな具合です。

という訳で2剤方式を駆使して洗います!

注文!

楽天のナチュラムさんで注文してみました。

テックウォッシュとTXダイレクトのお試しパック(300mlずつ)というのが、2千円ちょっとであります。

しかし、どうせすぐなくなるだろうという見立てから、1リットル入りのやつをそれぞれ注文!

ついでにスプレータイプの撥水剤も!

 

送料含め、6900円なり。

高いか安いか

たかが洗剤に6千円とかアホかよ…とも思いましたが、買った当初の撥水能力を取り戻してくれる?なら安いものです!

そしてクリーニングに出さずとも、自宅で愛着のあるウェアをお手入れできる!しかも何度か出来る。

そういう感じで考えれば、まあ高くないかな…と。

 

防水性能の落ちたウェア類

洗うのは、2シーズンぐらい着て防水性能の落ちきった、ノースフェイスのマウンテンジャケット。

ご覧のようにちょっと濡らすだけで水がシミシミ。

ゴアテックスの名が泣くぜ…

いや、購入当初は水が粒になって弾いて居たはず。

どんなにイイ防水ジャケットでもお手入れを怠るとこうなっちゃう訳です。

それから今シーズン買ったモンベルのトレントシェルジャケットと、

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です