夏のバス釣りに最適な薄手のフーディ[ラッシュガード]選び。

スポンサードリンク

もうすぐ梅雨も明けて本格的に夏!到来ですね。

猛暑のバスフィッシング、しっかりと紫外線コントロールをして快適に過ごしたいものです。

そんな猛暑のバスフィッシングを乗り切るための「薄手のフーディ」選びをシェアします。

紫外線コントロール

 

以前の記事で、「長袖で過ごす」ことが、猛暑を上手に乗り切るコツ、というお話しをさせていただきました。

薄手のラッシュガードを着用し、紫外線を浴びる量を上手にコントロール。暑ければ「水浴び」をして気化熱によって体温を下げます。

嘘みたいな本当のハナシで、半袖で一日過ごすよりも、実ははるかに快適に過ごせるのです。

ラッシュガード

そんな「紫外線コントロール」における重要アイテムである、「ラッシュガード」。

昨シーズンまでは激安ラッシュガードを使っており、それはそれで満足だったのですが、なんだかテンションが上がらないのもまた事実。

ということで、今シーズンはお気に入りのラッシュガードを見つけるべく、Amazon、楽天、あらゆるネットショッピングを探し回りました。

 

良いのが無い。

しかし、イマイチお気に入りの商品が見つからずにいました。

「ラッシュガード」で探すと、市場に存在するのは、ノーブランドの極端に安いモノか、あまり馴染みのない「サーフ系(死語?)」の、ちょっとヤンチャなブランドのモノが主流です。

本来、マリンスポーツ用である「ラッシュガード」なので、当然の事なのですが、どうもしっくりこないモノばかり。

 

理想の一着に出会えた?

探しているのは、アウトドア系か、スポーツブランドの落ち着いたデザインのモノが理想でした。

そんなある時、「ノースフェイス ラッシュガード」でググると、「RDTボルテージパーカ」というアイテムを発見。

「RDTボルテージパーカ」は、「ランニングウェア」または「トレーニングウェア」としてラインナップされていたのですが、賢いグーグルが、私の検索需要をみたすべく、「ラッシュガード」という間違ったキーワードから、親切な検索結果を表示してくれたのでしょうw

RDTボルテージパーカ買ってみた。

さっそく人柱になるべく、購入してみました。 

…思ったよりタイト目なフィッティングでした。 特にフード部分がかなりきつくて、ちょっとイメージと違ったかな…

 

帽子の上からフードを被りたいので、釣りに使うなら、もう少し緩めなフィッティングのモノの方が良さそう。

やっぱり「トレーニングウェア」だとややタイト目なフィッティングのモノが多いと思われるのでその点、注意が必要です。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です