夏のバスフィッシングにおける最強のクールスタイルは長袖。

スポンサードリンク

もうすぐ夏ですね。

待ちに待ったバスフィッシングハイシーズンの到来!

容赦ない直射日光を長袖でやり過ごすことが、快適に過ごすコツ。

夏のバスフィッシング。「紫外線を浴びない」事の大切さをシェアします。

疲れの原因

 

バス釣りでもなんでもそうですが、屋外で行うアクティビティにおいて大敵なのが、紫外線。

無駄に紫外線を浴びる事で、体力を消耗しますし、お肌にもよろしくありません。

しっかりとUVケアをするようになってから分かったことは、紫外線を浴びることによる疲れはほんとうに大きい、という事。

紫外線対策

紫外線を被る量を上手にコントロールすることは、一日の疲れをコントロールすることになり、おおげさかもしれませんが、集中力の向上、つまりは釣果向上にもつながってくると考えています。

紫外線を浴びない事

 

私が考える紫外線コントロールの最大の防御は、「紫外線を浴びない事」。

つまり衣服で肌を覆うことにより、紫外線量をコントロールする、というものです。

日焼け止めじゃだめなの?

もちろん、日焼け止めの使用も効果的ではあります。

しかし、実は日焼け止めには、お肌に負担がかかる成分が含まれており、ダメージが有るのです。

私は美容のプロではないので、日焼け止めの害については多くを語れませんがw、日焼け止めが肌に有害である、と言う事は事実です。

ですので、日焼け止めをたっぷり塗って、思いっきり紫外線を浴びるよりも、そもそも紫外線を浴びるのをやめる、というのがおすすめ。

これが最もお肌にやさしく、疲れも蓄積しないたった唯一の方法です。

ネックガード+ラッシュガード

 

私は真夏でも薄手のラッシュガードを着用します。

 

さらに顔周りには、ネックサンガードを導入しました。

真夏のクソ暑いときに、長袖なんか着ていられない、と思われるのも無理はありません。

しかしネックガード、ラッシュガード共に氷水で濡らしてびちゃびちゃにすればめっちゃ快適に過ごせます。

濡れたパーカーを着て過ごしていると、気化熱によって体表面からどんどん熱を奪い取ってくれます。

すぐに乾いてしまうのですが、また濡らせばOK。

むしろ半袖Tシャツで過ごすよりも快適なことにすぐに気づくはずです。

パンツを履かない

さらに、海パンで過ごすとより快適みたいです。

KenDさんのエントリで、私のめっちゃ好きなやつ。’パンツを履かない’というタイトルが秀逸。

私はまだ海パンで過ごすという境地には達していませんが、今年はチャレンジしてみたいと思います。

入水!

海パンスタイルであれば、最終的には入水して体温を下げる、(泳ぐ)のもアリ。

ただしこの方法は、水が綺麗なフィールドに限りますw

ちょい濁りの入った水質のリザーバーやると、乾いたときにめっちゃクサいので注意ですw

なので私はクーラーボックスに凍らせたペットボトルを数本用意し、それを浴びるようにしています。

これが出来るフィールドに行かれている方がうらやましい。

しかし水が綺麗だとしても、なかなか勇気のいる行動です。

そこで、足だけでも水に突っ込むとかなり体温が下がります。

patagonia バギーズパンツ

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

1 個のコメント

  • […] posted with カエレバ Abu Garcia(アブ・ガルシア) Amazon 楽天市場 ネックサンガードタイプが実は主流。息苦しいのかな?と思う人もいるかと思いますが、非常に薄い布を使うことによって釣りをしている限りはそれは忘れます。息苦しさよりも、直射日光の照り返しが気にならなくなる事の方が大きい。様々なメーカーのものがありますが、お好きなブランドのものを買ってみるのがいいのではないでしょうか。アブガルシアのものはコスパもいいみたいですヨ。バス釣りブログikahimeでも紹介されていました。 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です