ワークマン フィールドコア 防寒ブーツ ケベックNEO(ネオ) インプレ。

スポンサードリンク

ワークマン[フィールドコア]の防寒ブーツ、ケベックNEO(ネオ)を試しました。

ノースフェースのヌプシブーティと比べてどうだったのか、まとめます。

ワークマン[フィールドコア] 防寒ブーツ ケベックNEO(ネオ)

 

ワークマン[フィールドコア] 防寒ブーツ ケベックNEO(ネオ)を釣りの際の防寒シューズとして着用してみました。

 

ワークマンの防寒ブーツといえば、1900円という驚きのコストパフォーマンスを誇るケベックシリーズが有名ですが、ケベックの上位互換バージョンがこのケベックNEOです。

ケベックは生地表面が防水ではなく撥水加工。一方で、ケベックNEOは防水加工となっています。

 

  • ケベック(Lサイズ・片足) → 約260g
  • ケベックNEO(Lサイズ・片足) → 約380g

自重はやや重たい。しかしこれは中綿が増強されているということでしょう。

実際手にとって比較してみても、NEOの方がアッパーが分厚いです。

ノースフェイス・ヌプシブーティの替え玉

 

 

個人的に冬の防寒ブーツは、ノースフェイスのヌプシブーティを愛用していたのですが、4シーズンぐらい履いて、だいぶヤレてしまったので、次なる防寒ブーツを探していました。

そこでちょっと気になっていたワークマンの防寒ブーツを試してみることに。

圧倒的にお安いので、とりあえず繋ぎのつもりで購入してみたのですが、非常に良い出来でした。

ディティール

 

 

中綿がぎっちり詰まったフカフカな仕様となっています。高さは、いわゆるミッドカットぐらい。

スネの下半分ぐらいまでしっかりと包み込んでくれます。

 

カラーはブラックをチョイス。ソールのサイド部分には、リアルツリーのカモ柄が施されており、なかなか良い感じ。

また、ソールは肉厚で、地面からの冷気もしっかりシャットアウトしてくれます。

 

内側はいかにも防寒ブーツっぽいオレンジ。この配色は、ノースフェイスのヌプシブーティを強く意識したような意匠です。

 

また、アッパー部分は無縫製で、縫い目から水が染み込む心配が少ないですね。

ただし、確かに無縫製ですが、つなぎ目が無い訳ではありません。上写真の通り、後ろ部分に1箇所縦にシームテープ

 

また、アッパーにも斜めにつなぎ目があり、こちらもシームテープ仕様。

 

かかと部分にはフィールドコアのロゴが入ります。 

 

ゴムで絞る機構が装備されています。キュッと絞れば、冷気をシャットアウト出来ますね。

 

ちょっと残念なのが、つま先やカカト部分の仕上げがややラフなところです。

個体差もあるのかもしれないですが、アッパーとソールの繋ぎめ部分の接着剤が少しはみ出して、白く露出してしまっています。

ただし、値段を考えたら仕方のない部分かもしれないですね。1万円を超える価格帯の防寒ブーツがこうだったらかなりガッカリですが、3千円なので…

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー