ワークマン フィールドコア 防寒ブーツ ケベックNEO(ネオ) インプレ。

スポンサードリンク

ワークマン[フィールドコア]の防寒ブーツ、ケベックNEO(ネオ)を試しました。

ノースフェースのヌプシブーティと比べてどうだったのか、まとめます。

ワークマン[フィールドコア] 防寒ブーツ ケベックNEO(ネオ)

 

ワークマン[フィールドコア] 防寒ブーツ ケベックNEO(ネオ)を釣りの際の防寒シューズとして着用してみました。

 

ワークマンの防寒ブーツといえば、1900円という驚きのコストパフォーマンスを誇るケベックシリーズが有名ですが、ケベックの上位互換バージョンがこのケベックNEOです。

ケベックは生地表面が防水ではなく撥水加工。一方で、ケベックNEOは防水加工となっています。

 

  • ケベック(Lサイズ・片足) → 約260g
  • ケベックNEO(Lサイズ・片足) → 約380g

自重はやや重たい。しかしこれは中綿が増強されているということでしょう。

実際手にとって比較してみても、NEOの方がアッパーが分厚いです。

ノースフェイス・ヌプシブーティの替え玉

 

 

個人的に冬の防寒ブーツは、ノースフェイスのヌプシブーティを愛用していたのですが、4シーズンぐらい履いて、だいぶヤレてしまったので、次なる防寒ブーツを探していました。

そこでちょっと気になっていたワークマンの防寒ブーツを試してみることに。

圧倒的にお安いので、とりあえず繋ぎのつもりで購入してみたのですが、非常に良い出来でした。

ディティール

 

 

中綿がぎっちり詰まったフカフカな仕様となっています。高さは、いわゆるミッドカットぐらい。

スネの下半分ぐらいまでしっかりと包み込んでくれます。

 

カラーはブラックをチョイス。ソールのサイド部分には、リアルツリーのカモ柄が施されており、なかなか良い感じ。

また、ソールは肉厚で、地面からの冷気もしっかりシャットアウトしてくれます。

 

内側はいかにも防寒ブーツっぽいオレンジ。この配色は、ノースフェイスのヌプシブーティを強く意識したような意匠です。

 

また、アッパー部分は無縫製で、縫い目から水が染み込む心配が少ないですね。

ただし、確かに無縫製ですが、つなぎ目が無い訳ではありません。上写真の通り、後ろ部分に1箇所縦にシームテープ

 

また、アッパーにも斜めにつなぎ目があり、こちらもシームテープ仕様。

 

かかと部分にはフィールドコアのロゴが入ります。 

 

ゴムで絞る機構が装備されています。キュッと絞れば、冷気をシャットアウト出来ますね。

 

ちょっと残念なのが、つま先やカカト部分の仕上げがややラフなところです。

個体差もあるのかもしれないですが、アッパーとソールの繋ぎめ部分の接着剤が少しはみ出して、白く露出してしまっています。

ただし、値段を考えたら仕方のない部分かもしれないですね。1万円を超える価格帯の防寒ブーツがこうだったらかなりガッカリですが、3千円なので…

非常に暖かい

 

暖かさのレベルはかなり高いと感じました。参考までに使用コンディションは、標高1000mのハイランドレイクでのオカッパリで着用。

気温は1度から5度程度で、非常に寒い状況です。

特に高機能なソックスを履いていたわけでは無かったのですが、足元だけやけにホカホカするぐらい、保温性は高い。

タウンユースではかえって足が暑すぎるぐらいの感覚です。

履きやすい

 

この手の防寒ブーツは、脱ぎ着が面倒なことが多いですよね。

しかしケベックNEO(ネオ)については、足首を包み込む部分が非常に柔らかく出来ているため、さっと履いてさっと脱ぐことが出来ます。

これは、かなり良い点ですね。

滑らない

 

靴底は『WMアイスソール』というグラスファイバーが配合されたワークマンオリジナルのソール。

まずまず良い感じで、安物の靴にありがちな変に滑る、などといったことは無かったです。

スニーカー感覚ですね。

防水性能は?

肝心な防水性能ですが、フカフカの雪道を釣りをしながら、小一時間ほど歩いたのですが、染み込み等なく、全く問題無かったです。

防水を謳うだけある感覚になっているかと思います。もちろん、アッパーのシームテープ部も浸水なし。

※雨の日に履いてはいないので、そちらについては追記します。

インソールはまあまあか

惜しいのは、インソールの出来はまあまあといったところです。非常に柔らかく出来ているのですが、柔らかすぎてやや疲れてしまう印象です。

長時間歩くようなアクティビティには向いていないように思いました。

 

ただ、私のメイン用途である釣りの場合は、レンタルボートに長時間乗っていたりする場合がほとんどですので、特に問題ないです。

また、オカッパリでも足で稼ぐタイプの釣り人でなければ大丈夫です。

サイズ感

サイズ感はかなり小さめの作りですね。参考までに、私は足が26.5センチで、THE・日本人な 「幅広 甲高」仕様です。

Lサイズでぴったり〜やや大きめぐらい。

厚手のソックスを履いても問題ないサイズ感です。

ヌプシブーティと比べてどうか

 

ノースフェースのヌプシブーティと比べどうだったかというと、正直、もしかしたらケベックNEOの方が防寒性能については優れているかもしれない、という評価です。 

写真だと伝わりにくいかもしれませんが、とにかく中綿の量が贅沢な使用で、ヌプシブーティより分厚いため、かなり暖かいです。

そして、ヌプシブーティはやや脱ぎ着がしにくいのもデメリットなのですが、その点でもケベックNEOが優っているように感じます。

おまけ:ワークマンの防寒トレッドモックがかなり良い感じ

 

おまけ情報です。ワークマンの防寒トレッドモックが「冬のサンダル」として超おすすめです。

かかとを潰して履ける仕様で、しかも中綿入りの防寒仕様で暖かい。

コンビニサンダルのつもりで購入したのですが、これで結構ウロウロしてます笑

値段を考えたら、割と見た目も悪くないんですよね。むしろ結構オシャレなんじゃないか、ぐらいに思います。

まとめ

以上、ワークマンの防寒ブーツ、ケベックNEO(ネオ)についてでした。

ヌプシブーティを買い換えたいけど、ちょっと今月お財布がピンチ…なんて時にめっちゃ良い存在です。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー